引用画像

「剥がすと無効」の封印シールは違法なのにMicrosoftやソニーなどが使い続けている理由とは?

コンピューターやゲーム機などの電子製品などの本体に貼られていることがある「Warranty void if removed (このシールを剥がすと保証は無効)」の封印シールは、アメリカの法律に照

gigazine.net
全文を読む



記事によると

・ゲーム機などの電子製品などに貼られている「Warranty void if removed (このシールを剥がすと保証は無効)」の封印シールは、アメリカの法律だと実は違法

・法律は、1975年に制定された「1975 Magnuson‐Moss Warranty Act (MMWA:マグナソン・モス法)」と呼ばれるもの

・なぜメーカーは違法であるシールを使い続けているのか?メディアは「メーカーは、消費者が何もできないと知っているから」と論じている。

・消費者が裁判を起こしたとしても、取り戻した金額よりも裁判費用のほうが多くなるため「消費者は『泣き寝入り』せざるを得ない」という見解






この記事への反応


1. この話題に反応する名無しさん

日本もこの法律できないかな。




2. この話題に反応する名無しさん

へー、日本は関係無いのか




3. この話題に反応する名無しさん

個別訴訟で赤字になるの見越して…。じゃあ集団訴訟で数割効利かせれば。(どっちにしろアメリカの法律上の話)




4. この話題に反応する名無しさん

ノートPCは届いたらまず改造するでしょ




5. この話題に反応する名無しさん

こういう消費者の弱みに付け込む商売は良くないな




6. この話題に反応する名無しさん

認定業者の正規部品以外ダメって契約禁止って法律がなんか違和感あるな?




7. この話題に反応する名無しさん

この点はガスタービンエンジンで顕著。自社外消耗品を使えば…とのビジネスモデルが米国G社やドイツS社で顕著








関連する記事

1967

コメ

【関連記事】任天堂の特許侵害訴訟、フィリップスがクロスライセンスに合意!WiiUの販売停止は免れた模様

487

コメ

【関連記事】【最強法務部】任天堂がWii、WiiUなどに関する2件の特許訴訟で勝訴したと発表!














あれ、無性に剥がしたくなるよねw







F1 2016 (初回生産限定特典キャリアブースターパック 同梱)
ユービーアイソフト (2016-09-08)
売り上げランキング: 500