2016.9.12 13:15

【悲報】家庭用&アーケードゲーム賞金制大会の一部が景表法の規制対象に!その場合、賞金上限は10万円未満



国際カジノ研究所 所長のツイートより







家庭用ゲーム、アーケードゲームタイトルを
利用した賞金制大会で
特にゲームメーカーが賞金を積み上げる形式のものは、
その実施方法次第では景表法の規制対象となります。
景表法の規制対象となった場合、
賞金上限は10万円を超えてはいけません。











つまり運ゲーはOKでストVのようなモノはダメかも?


















スポンサー大会はOK










基本無料ゲーで廃課金=最強でなければそれもOK







この記事への反応


・ゲームメーカー以外の協賛企業に賞金を出してもらえば解決なんですかね?

・プロゲーマー死亡ですか?

・○○円分購入するとくじ抽選に参加できます、みたいなのと同じ扱われ方をするということですか?

・基本プレイが無料であり課金が強さに関係ないLoLやDOTA2は、規制対象にならないという理解でよろしいでしょうか?














MOBA系とかハース、シャドバあたりはいいのか。

まぁe-sportsがもう一段階盛り上がるためにはスポンサー必須だけど

どうなるんかなぁ今後











業界的には「んなもんしってるわ」だった?






PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)
PlayStation 4

ソニー・インタラクティブエンタテインメント 2016-11-10
売り上げランキング : 4

Amazonで詳しく見る