記事によると

・10月13日に発売を控えている「Playstation VR」だが、VR技術がゲームだけでなく医療にも役立つことが証明された。

・東京大学医学部属病院緩和ケア診療部の住谷昌彦准教授らの研究グループは、VRを用いて、切断や神経障害で存在しないはずの難治性の痛みを和らぐことを明らかにしたという。

・事故や病気等により、やむなく手足を切断することになった人は、存在しないはずの手足(幻肢)に痛みを感じる幻肢痛は、四肢を切断をしたほとんどの人に現れ、個人差があるものの、電流が走ったような激しい痛みを感じる人もいるという。

・幻肢痛が起きる仕組みは、存在しない手足を動かしているというイメージを作ることができず、脳内で幻肢を動かすことができないために痛みが生じると考えられており、そこに研究グループが開発したVRシステムを用いることで、手足が動いている映像を見ながら痛みのない手足を動かすことで、自らの意志で幻肢を動かしているような仮想体験させる事で痛みを和らげるという。



この記事への反応


・ミラーに教えてやれ

・医療にも役立つのか、VRって凄いな

・任天堂が健康グッズとしてそのうち売り出しそう

・↑みやぽんがVR好きじゃないからそれはない


関連する記事

99

コメ

ジョイポリスのゾンビVRアトラクション『ZERO LATENCY VR』に行って来ました






















医療にも応用できるって凄いなぁ…

逆にあまりにリアル過ぎて脳が現実と錯覚しちゃって痛みを感じるようになる…

なんてところまでいつかはなるんでしょうか










PlayStation VR PlayStation Camera同梱版PlayStation VR PlayStation Camera同梱版
PlayStation 4

ソニー・インタラクティブエンタテインメント 2016-10-13
売り上げランキング : 295

Amazonで詳しく見る