記事によると

・安楽死の年齢制限が2年前に撤回されたベルギーにて、末期患者の17歳が未成年で初の安楽死処置を受けた。

・病名非公表の少年によるこの安楽死は、安楽死を認めている国々にとって重要な前例になるだけでなく、児童の権利擁護団体は安楽死が成人だけでなく未成年にも適用可能になるための大きな一歩であると考えられている。

・安楽死を選択することの条件には、末期症状の最後の段階にきていること。死を選ぶという選択の意味をしっかり理解していること。さらに、過去に何度も死を要求しており、両親はもちろん、精神科医を含めた医師二人の同意を得なければならず、今回のケースでは、患者は耐えられない肉体的苦痛に苦しんでおり、安楽死を希望したという。



この記事への反応


・多分ガンなんだろうな…

・死にたいほどの苦痛ってどうなんだろう…

・こういうのに人権派()の奴らは無責任に「生きろ!」っていうんだろうな

・苦痛をともなった無理やりいきるより、安からに死ねるならそっちのほうがいいなぁ

・ちょっとベルギーいってくるわ

・呼吸器につながれて無理やり生かされるよりよほど優しい

・まあこれだけの厳しい審査を通ってきたのなら、病むに病まれぬ事情だったのだろう…でもだからと言って日本で囁かれてる安楽死に安易に賛同は出来ない。厳選はすべき

・治る可能性のない死ぬような苦しみなら年齢に関わらず楽にしてあげるのは当然だろう。それが慈悲だよ。

・寝てるだけで骨が折れるような末期がん本人が安楽死を望んでることもある。 肺にガンが転移した父は息をするたびに激痛に苦しんだ。

・不条理だな。五体満足で大活躍、大勢の喝采を浴びる人間もいれば、どうにもならない苦しみの中、自ら生涯を終える選択をしなければならない人がいる。



関連する記事

426

コメ

ベルギー「安楽死を合法化したら毎日5人申請してくるようになったんだけど」






















生きることよりも、死を選ぶってのはよほどの事ですし、普通の人には想像を絶する苦痛だったんでしょうね…










安楽死のできる国 (新潮新書)安楽死のできる国 (新潮新書)
三井 美奈

新潮社
売り上げランキング : 190531

Amazonで詳しく見る