記事によると

・株式評論家の倉多慎之助氏がVRにおけるソニーの展開に関して見解を述べている。

・今年はVRがトウキョウゲームショウを盛り上げ、ソニーのブースは常に人だかりが出来ており、期待を多く集めているPSVRは、他社製のVRの10万円から4万4980円と約半額で発売される。

・こういった材料により、株式市場でもソニーの評価は高まり、9月6日には年初来高値となる3450円を付け、これを受けて株式評論家の倉多慎之助氏は「ソニーはVRの大本命に躍り出ました。価格が安いのも、市場では有利に働くでしょう。一歩も二歩もリードしている印象を受けます」としている。

・また、医療分野でもソニー・オリンパスメディカルソリューションズを設立するなどして存在を高めており、現状はゲーム主体となっているVRもいずれは産業用VRに進出すると見られている。

・過去にはウォークマンという爆発的なヒット商品を排出しながらも、業績は低迷し、市場では「凋落」とすら言われたソニーだが、VRという事業分野で復活の「兆し」は出てきている。



この記事への反応


・ソニーは金融とPS4ですでに完全復活してるだろ

・まぁ昔に比べたら確かに復活はしてるけど、あのアップルが目指していた頃のソニーの面影はないよな

・やっぱりこれからはVRだよ、それを頑なに否定するみやぽんは先見の明がないのかな

関連する記事

440

コメ

任天堂の宮本茂氏、VRに否定的「我々は家族で一緒にプレイできるゲームを作りたい」



・仮にVRがヒットしても、ウォークマンみたいな爆発的なヒットはしないだろうなぁ、正直まだまだ変態好みのデバイスだし

・ソニーがゲーム業界で覇権とってくれればそれでいいよ

















発売まであと1ヶ月を切りましたが
果たしてVRを牽引していく雄となれるかどうか注目ですね











Sony PlayStation VR ( Import - EU. )Sony PlayStation VR ( Import - EU. )
PlayStation VR

Sony
売り上げランキング : 2120

Amazonで詳しく見る