引用画像

台湾政府の許可証受理せず=蓮舫氏の手続き不備か-金田法相:時事ドットコム

 金田勝年法相は14日の記者会見で、民進党の蓮舫代表が「二重国籍」解消のために行ったとしている手続きに関し、「一般論として、台湾当局が発行した外国国籍喪失届(国籍喪失許可証)は受理していない」と指摘した。 蓮舫氏は13日の会見で「戸籍法106条にのっとって適正

www.jiji.com
全文を読む

記事によると

・金田勝年法相は記者会見で、民進党の蓮舫代表が「二重国籍」解消のために行ったとしている手続きに関し、「一般論として、台湾当局が発行した外国国籍喪失届(国籍喪失許可証)は受理していない」と指摘した。

・蓮舫氏は13日の会見で「戸籍法106条にのっとって適正に手続きしている」と説明したが、106条では二重国籍を持つ人が相手国の発行した国籍喪失許可証を提出すれば二重国籍を解消することができるが、日本政府は台湾を正式な政府として認めておらず、許可証を受理していない。

・許可証が受理できない場合は、同104条に基づき、日本国籍だけを所有する意思を宣誓する「国籍選択宣言」を日本政府に提出する必要がある。

・国籍選択の宣言をすれば手続きした日付が戸籍に明記されるが、蓮舫氏は戸籍謄本の公開に応じていない。



この記事への反応


・戸籍謄本を見せないのは、これらを分かっている確信犯では?

・何重国籍でもいいけど結局こいつは何人なんだよ! なぜ戸籍を隠すんだよ! 何をさせられるんだたくらんでんだよ?

・維新の法案で王手飛車取りというか、もう詰みか? どちらにせよ、ここから対応誤ると(もう誤ってるが)終わるな

・少なくとも106条での処理はありえないということか

・という事はまだ日本国籍の選択すら済んでいない事になるよね?

・ちゃっちゃと書類だせばサクサク終わるんだろうに…

・やましくないんだったらさっさと戸籍見せればいいのに。現状、色々とまずいのかね~。















さっさと手続きして戸籍提出すればいいのになぁ

見せられない理由でもあるんだろうか










ライズ オブ ザ トゥームレイダー 【CEROレーティング「Z」】
スクウェア・エニックス (2016-10-13)
売り上げランキング: 7