記事によると

・瀬戸内寂聴さんが、死刑廃止を巡る日弁連のシンポジウムで「殺したがるバカどもと戦ってください」とメッセージを寄せ、犯罪被害者支援の関係者から批判が出たことについて、「お心を傷つけた方々には、心底お詫(わ)びします」と謝罪した。

・寂聴さんは「今も世界の趨勢(すうせい)に遅れ、死刑制度をつづけている我が国の政府に対して、人権擁護の立場から発した意見であった」とし、「これまでも私は文学者としても出家者としても被害者のために論じ、行動してきている」と釈明。

・その上で「誤解を招く言葉を94歳にもなった作家で出家者の身で、口にする大バカ者こそ、さっさと死ねばいい」ともつづっている。



この記事への反応


>出家者の身で、口にする大バカ者こそ、さっさと死ねばいい
おっ、そうだな


>出家者の身で、口にする大バカ者こそ、さっさと死ねばいい
さっさと逝って、どうぞ


94歳にもなってって思ったけど、逆に年取りすぎて頭緩んでるから遺族の気持ち考えられなかったんだろうな

不倫して娘捨てたセッ○ス狂いの糞アマがようやく謝ったのか

昔と本当にイメージが変わってしまった、今は石原と並ぶ2大老害だよ…













フリーアナの長谷川さんもそうですが

知名度や影響力がある人の発言はもっと注意深く配慮して言わないとだめですよね







バカにつける薬 (双葉文庫)
呉 智英
双葉社
売り上げランキング: 312,913




関連する記事

738

コメ

瀬戸内寂聴さんが死刑制度を批判!加害者の死刑を望む遺族を「殺したがるばかども」と発言して炎上