過労死までしてて働きやすいとは…





記事によると

・大手広告会社の電通について、厚生労働省は、違法な長時間労働が行われていたとして同社関西支社が労働基準法違反で是正勧告を受けていたにもかかわらず、労働時間短縮に取り組み、働きやすい「子育てサポート企業」に過去3回も認定していたことが判明した。

・認定は、2007年、2013年、2015年にの3回にわたって行われており、企業が労働局に申請し、これを厚労省のほうで認定基準に照らし合わせ基準を満たしていれば認定となる。

・しかし、実際は2013年に男性社員の過労死、2014~15年にかけては長時間労働の是正勧告が出ているにもかかわらず認定を受けており、厚生労働省の審査の甘さが疑惑よんでいる。



この記事への反応


昔からブラックで有名なのに働きやすいとはこれいかに

人が死んでんねんで

おそまつ過ぎて草も生えない

(長時間)働き(続け)やすい企業

働きやすいのは上層だけだろ

働きやすいじゃなくて逝きやすいの間違いだろ














行政から勧告が入ってる年にも認定受けてるって闇が深すぎやしませんかね…






関連記事

282

コメ

電通新入社員は日本社会に殺されたようなもの 電通だけ批判して誰も働き方を変えようとしない

183

コメ

電通本社、労働基準法違反の疑いで強制調査!悪質な場合は刑事事件として立件される可能性

245

コメ

【ヤバい】『電通過労死事件』の闇がひょんなことから暴かれる 君のような勘のいいネット民は嫌いだよ

142

コメ

【日本の闇】お昼のニュースが2連続で過労死。関西電力と、もうひとつはまた電通


ブラック企業完全対策マニュアル (晋遊舎新書 S15)ブラック企業完全対策マニュアル (晋遊舎新書 S15)
古川 琢也

晋遊舎
売り上げランキング : 35077

Amazonで詳しく見る