引用画像

シリアル、グラノラ、ミューズリー。フレーク、ブラン、オートミール。これらの違いがよくわからない…。 - ライブドアニュース

シリアルやグラノラ、ミューズリーなどの違いを整理しています。コーンフレーク、オートミールなど、全てをひっくるめたのが「シリアル」。黒糖などで味つけし、オーブンで焼き上げたのが「グラノラ」となる

news.livedoor.com
全文を読む

記事によると

・ここ数年、シリアルがブーム。健康・和食ブームが追い風となって、各社でさまざまなシリアルが販売されている。

・「さあ、シリアルに挑戦してみるぞ!」とスーパーに行くと、なんだか見慣れない単語がたくさん並んでいます。シリアル、グラノラ、ミューズリー…。フレーク、ブラン、オートミール…。ああ、何がなんだかよくわからない…。

・シリアルは英語で「cereal」。語源は、ギリシャ神話に出てくる、大地と五穀豊穣の女神デメテルのローマ名「Cerel(ケレス)」です。原料はトウモロコシ、小麦、大麦、オーツ麦などが使われていて、コーンフレーク、オートミール、グラノラなど、すべてを総称してシリアルとよびます。

・焼かずに仕上げる“しっとり”派の「ミューズリー」
・味つけしてから焼く“ザクザク”系”の「グラノラ」
・焼かずに仕上げたオートミール(オーツ麦)などの穀物に、ナッツやドライフルーツを加えたものが「ミューズリー」
・それに対し、さまざまな種類の穀物に、蜂蜜やメープルシロップ、黒糖や植物油などをかけて味つけし、オーブンで焼き上げたのが「グラノラ」
・平たくして焼いた「フレーク」、小麦の外皮は「ブラン」、おかゆのように食べる「オートミール」


・昔からおなじみの「コーンフレーク」ですが、これは、乾燥させたトウモロコシを粉にして加熱してから、平たくつぶして、オーブンで焼いたもの














色々あってややこしい。全部ひっくるめるとシリアルなのね

最近本当にシリアル増えてて、どれが自分に美味しいか色々試しちゃうよね







カルビー フルグラ 800g
カルビー
売り上げランキング: 27