こんなのあんまりだよ…





記事によると

・米オハイオ州の小学校に通う11歳の少女が、学校で執拗ないじめに遭って自殺した。

・少女は3歳の時に脳腫瘍と診断され、放射線治療を受けて2008年にがんを克服したものの、治療の過程で神経を損傷し、笑顔がぎこちなくなってしまい、それが理由でいじめられていたという。

・そして、少女は特にひどいいじめを受けた日に、親友に「もうこれ以上耐えられない」と言い残し、自宅に帰ると銃で自分を撃ち、自らの命を絶ってしまった。



この記事への反応


せっかく癌を克服したのにね…。
いじめた生徒たちには命の重さをしっかりと考えてほしいと思う。


イジメしてる側とされてる側で気持ちの重さが全然違う。このギャップを埋める教育はできないかな。

戦って戦って戦い抜いた先にあったのは地獄か…。
救いようが無い話だなぁ。


悲しすぎるだろ















折角ガンを克服したのに後遺症が原因で自殺だなんて…

胸が痛みますね…





関連記事

396

コメ

電通新入社員の女性(24)が過労死…東大卒入社1年目でクリスマスに投身自殺「1日2時間しか寝れない」

125

コメ

「あっ、飛び込めば楽になる!」駅ホーム飛び込み自殺の寸前までいった体験談が凄まじいと話題に

105

コメ

【ひどい】写真コンテスト入賞作品の被写体が自殺した女子中学生と判明 → 入賞取り消しに 「亡くなった方が写っているのはふさわしくない」


いじめとは何か―教室の問題、社会の問題 (中公新書)いじめとは何か―教室の問題、社会の問題 (中公新書)
森田 洋司

中央公論新社
売り上げランキング : 79618

Amazonで詳しく見る