2016.11.17 02:20

アメリカで生きたまま体が腐っていく「ゾンビ病」が発生、リアルバイオハザード…

生きたまま腐っていく…





記事によると

・アメリカで身体を生きたまま腐らせ、バラバラにする病気「リーシュマニア症」の感染例が確認されている。

・この病気は俗に「ゾンビウイルス」と呼ばれている。


リーシュマニア症とはトリパノソーマ科の原虫リーシュマニアの感染を原因とする人獣共通感染症の総称。
リーシュマニア症には大きく分けて内臓型と皮膚型がある。皮膚型にはさらに散在性のものや粘膜へ拡大するものが知られている。
内蔵型は、感染後数か月から数年たってから、発熱、肝臓や脾臓の腫大と貧血といった症状が出て、放置すれば死に至る。
皮膚型は、サシチョウバエに刺されたあと数週間から数か月後に皮膚に痛みを伴う潰瘍や結節が生じる。比較的軽症であり、自然に治癒して醜い瘢痕を残すだけの場合もある。

全文を読む


・海外メディアは、リーシュマニア症は中央アフリカや南アフリカに旅行に行った人々の間で広まっていると報じており、また、目撃者は「感染した人が生きたまま腐り始めた」と述べているという。



この記事への反応


リアルウォーキングデット

ダリルの出番

バイオハザードの世界

違う、そうじゃないんだ
腐って自我を失って生者の肉を求めて彷徨うようになるウイルスが欲しいんだよ


アンブレラの仕業

ググったらエグかった













生きたまま体が腐っていくってのはかなりえぐいですね…

危険な合成麻薬で知られるクロコダイルと同じ感じなんでしょうか





関連記事

61

コメ

【お国柄】Amazonのゲームエンジンに「ゾンビが大量発生した時」の免責事項が明記されててワロタwww


龍が如く OF THE END (通常パッケージ)龍が如く OF THE END (通常パッケージ)
PlayStation 3

セガ
売り上げランキング : 1530

Amazonで詳しく見る