iPS細胞技術の応用でマウスの寿命が伸びる




記事によると

・2016年12月15日付けの学術雑誌「Cell」に、ソーク研究所の研究チームがiPS細胞(人工多能性幹細胞)の作製技術を応用し、実験用のマウスの寿命を延ばすことに成功したと掲載された

・研究チームは京都大の山中伸弥教授らがiPS細胞を作製する時に使用した4種類の因子(Oct4、Sox2、Klf4、c-Myc:OSKM)に着目

・研究の中で、部分的に再プログラミングを行うことで、細胞の老化が「改善」されることがわかった

・人間の皮膚細胞でも若返り効果があることが確認されたが、臨床試験までにはあと10年ほどかかるとみられている



この記事への反応


スゲェ

そこまでして長生きしなきゃいけない理由ってなんだろか

年金問題解決したね

これが実用化されたらどえらいことになるで

人口大爆発で、人類絶滅の未来しか浮かばない
((((;゚Д゚)))))))


凄いことなんだけど安全面が確認されたとして本格的な実用化とかできるんじゃろか・・・

なんか不老不死見えてきたよ・・・改めてiPSは凄い研究だったんですね

金持ちはいつまでも若々しく、貧乏人はどんどんと老いて死んでいくという時代も近いかな。

やべえじゃん、これが普及したら。子供産まなくて、元気な大人ばかりの
「成熟しきった社会」が実現するじゃん


こりゃ凄い。ついに個体でも成功したか。いよいよ不老が可能になる時代が来たかも。
















将来はiPS細胞で100年以上生きるのが当たり前になってたりして



関連する記事

176

コメ

世界初、理研がiPS細胞を使った手術を実施!iPS細胞で失われた視力を回復させる試み

115

コメ

【マジかよ】コーセーがiPS細胞を使い肌の若返りに成功したと発表!67歳の肌がなんと36歳に!

94

コメ

【超朗報】ついにハゲ完全終了へ iPS細胞を使った「完全な皮膚再生技術」が開発 やけど跡や抜け毛治療に応用できる可能性

70

コメ

【世界初】他人のiPS細胞で目の治療をする研究が開始!成功すれば数千万円の費用が数分の1へ


キングダム ハーツ HD 2.8 ファイナルチャプタープロローグ - PS4
スクウェア・エニックス (2017-01-12)
売り上げランキング: 61