2016.12.22 01:25

島根女子大生バラバラ殺人事件の犯人、遺体切断後にとんでもないことをしていたことが判明

島根女子大生殺害事件の犯人、1時間半にわたり遺体撮影




記事によると

・広島県の山中で2009年11月、島根県の女子大生の遺体が見つかった事件

・書類送検された矢野富栄容疑者(当時33歳・死亡)は、島根県立大学に通う平岡都さん(当時19歳)を窒息させて殺害し、11月6日までの間に島根県益田市内の自宅で遺体を切断して広島県の山中に遺棄した疑いが持たれている

矢野容疑者は切断した遺体を1時間半にわたって自宅で撮影していたことがわかった

矢野容疑者の遺品のデジタルカメラから、遺体の画像や切断に使ったと思われる包丁を写したものも確認された




df87b102.jpg




この記事への反応


犯人は精神病?残酷すぎ

とんだサイコ野郎、死んで逃げるなんて被害者、遺族が気の毒すぎる、ほんと卑怯な行為。

ド変態だったんだな。既に死んでるけど遺族にしてみりゃ勝手に殺され勝手に死なれちゃやりきれんだろうな

この事件だけかな?常習者じゃないのか?

死体を切断する理由は処分に困ったからだろうが、なぜ写真を撮った? 後悔して証拠をワザと残して、交通事故は自殺? それとも超変質者?

広告に出てくるような美男だな。人当たりにもよるが、全然モテない人生ではなかっただろう。つまり、モテる可能性がないから→犯罪に走る、という図式は成立しない。

スナッフフィルムかよ(;一_一)

殺した後に写真まで撮っていたとなると、かなり強く歪んだ嗜好だよな……、余罪ないか?

この事件は迷宮入りだと思っていたから
犯人が判明して良かったとは思うが 被疑者死亡ではどうしようもない。虚しさだけが残る







島根女子大生死体遺棄事件(しまね じょしだいせいしたいいきじけん)は、2009年(平成21年)11月6日に発覚した死体遺棄事件。浜田事件、浜田学生遺棄事件、島根女子大性殺害事件、島根女子大生バラバラ殺人事件と記載されることもある。

2012年10月26日の死体遺棄罪単体での公訴時効成立後も容疑を殺人罪に切り替えて捜査が行われていた。長らく未解決であったが事件から7年が経った2016年、捜査機関は過去に事故死していた人物が被疑者であると特定した。












サイコパスかよ・・・

事故死してるから本人の口から何も出てこないのがもどかしい