2017.1.10 16:25

『真・女神転生』シリーズ25周年プロジェクト始動!特設サイトが公開されたぞ!!


メガテン25周年!







2017y01m10d_161811016.jpg




『女神転生』(めがみてんせい)は、西谷史による小説『デジタル・デビル・ストーリー』シリーズの第一作。および、そこから派生したコンピュータゲームシリーズ名。

開発経緯

原作は1986年に発表された、西谷史による伝奇SF小説『デジタル・デビル・ストーリー』(徳間書店・アニメージュ文庫)の第一作『女神転生』である。当時、徳間書店は小説を軸にして多方面に展開するメディアミックス戦略を推進しており、この計画の一環としてまず翌年1987年、オリジナルビデオアニメ『デジタル・デビル物語 女神転生』が発売。続けて日本テレネットよりパソコン用アクションゲーム『デジタル・デビル物語 女神転生』が発売された。そして本シリーズの源流である『デジタル・デビル物語 女神転生』が同年ナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)からファミコン用RPGとして発売された。

その後、RPG版は原作小説とは無関係に独自にシリーズ化され、様々なゲーム機で続編・外伝が作られた。第一作と第二作はアトラスが開発、ナムコが販売。1992年にスーパーファミコンで発表された第三作『真・女神転生』以降は開発・販売ともにアトラス。

2003年までのシリーズディレクターは当初アトラス創立メンバーの一人である上田和敏が手がけ、次いで岡田耕始に引き継いだが、両名ともアトラス(旧社)を退社して独立したためその後はシリーズには関わっていない。『女神転生II』以降の主要作品のキャラクターデザインはイラストレーターの金子一馬が担当している。


作品世界


本シリーズは、「悪魔」という異形の存在に関わってしまった人々が、どのように戦い生き抜いたかを描いた作品である。

悪魔に代表されるオカルトと、コンピューターや銃火器といったサイバーが共存している。冒険の舞台は学校といった身近な所に始まり、現代の東京、さらには文明滅亡後の世界や魔界にまで及ぶこともあり、ハードロック調のBGMの多用など、他に類を見ない独特の世界観を持つ。

敵として出現する悪魔(他のRPGで言うところのモンスター)を味方に引き入れる「仲魔」システムや、複数の仲魔を合体させ、新たな悪魔や武器を作り出す「悪魔合体」「剣合体」など、数々の斬新なシステムから熱狂的なファンを持ち、他のRPGにも大きな影響を与えた。

このゲームにおける悪魔は一神教のそれではなく、超自然的な存在の総称である。その分類は精霊や妖精、神など多岐に渡る。

また、善や悪、ロウとカオス(秩序と混沌)など、相反する二つの概念を常に問われ続ける、メッセージ性の強い作品でもある。例えば一神教の唯一神を敵にするようなストーリーは宗教観の強い地域では異色であり、海外にその名を知られる原因である。

他のRPGとは異なり街に入っても敵が出現することがある。

なおタイトルの「女神転生」は、原作となった小説1巻のタイトル及び登場人物の白鷺弓子が日本神話の女神イザナミの転生だったことに由来している。シリーズ化された続編・関連作においてはこれは必ずしも当てはまらないが、慣例的に「女神転生」の名前を継承している。

2017y01m10d_162227410.jpg
















真・女神転生も25周年!大人気のペルソナもコレがなかったら始まらなかった

FC女神転生含めると30周年

そろそろ据え置きに帰ってきてくれていいのよ








真・女神転生IV FINAL - 3DS真・女神転生IV FINAL - 3DS
Nintendo 3DS

アトラス
売り上げランキング : 739

Amazonで詳しく見る