2017.2.14 20:19

【速報】北朝鮮の金正男氏がマレーシアで暗殺されたとの報道

北朝鮮・金正日の長男である金正男氏が暗殺される













金 正男(キム・ジョンナム、1971年5月10日 - )は、北朝鮮の第二代最高指導者金正日の長男である。

出生
金正日を父に、成恵琳を母に北朝鮮の平壌で生まれる。出生当初、父・正日は息子の存在を外部に知られないようにしていた。また、正男のことを祖父・金日成主席は、かなり可愛がっていたという。スイスのジュネーヴのインターナショナルスクールなどに留学歴があると言われている[1]が詳細は不明。なお、12歳から14歳まではソビエト連邦のモスクワで暮らしていたという[2]。1995年からは中華人民共和国の北京で暮らし始め、上海の経済発展ぶりを見て北朝鮮の改革開放を志すようになる。

母国語の朝鮮語の他に英語やフランス語(それぞれ2007年2月12日と2007年11月13日にフジテレビのFNNスーパーニュースで記者とのやり取りが報道された)を話し、またロシア語、中国語(広東語)もある程度話せるようである。日本語については、日本人記者の「日本語は分かりますか?」という朝鮮語の質問に、日本語で「日本語ワカリマセン」と答えている。


後継者問題
朝鮮の儒教では相続するのは長男であることから後継者候補であるとされてきたが、上述のとおり略奪愛の末にできた子であることから金正日は彼の存在を隠しており、金正日の料理人であった藤本健二は「将軍(金正日)や軍大将、党幹部らが集まる宴席で彼の姿を見たことはないし、噂話として語られたことは一度も無い」一方「金正哲や金正恩の話は将軍からよく聞きましたし、遊び相手でもありました。きっと彼は長男の存在を隠し通したかったのではないでしょうか」と否定的であった。

2007年2月25日に、日本や韓国のメディアで金正男が後継者問題について「関心が無く、させられてもやらない」と知人に述べていることが報道された[14]。ニュースでも「色々な所に行って 後継者になったりするのか」、「後継者とは考えられない」という発言があった。










金正恩やりやがった・・・





ゴーストリコン ワイルドランズ 【CEROレーティング「Z」】 (初回生産特典 追加ストーリー「ペルー・コネクション」ダウンロードコード 同梱) 数量限定特典サウンドトラックCD付+【Amazon.co.jp限定】「クラーケン パック」配信ゴーストリコン ワイルドランズ 【CEROレーティング「Z」】 (初回生産特典 追加ストーリー「ペルー・コネクション」ダウンロードコード 同梱) 数量限定特典サウンドトラックCD付+【Amazon.co.jp限定】「クラーケン パック」配信
PlayStation 4

ユービーアイソフト株式会社 2017-03-09
売り上げランキング : 96

Amazonで詳しく見る