引用画像

マラソン大会で誘導ミス 完走児童は1人だけ

 1人だけ正しいコースを走りました。マラソン大会で誘導ミスがあり、

news.tv-asahi.co.jp
全文を読む

記事によると

・岡山県笠岡市で開かれたマラソン大会で誘導ミス

・3キロコースの小学3年生から6年生の部には263人が参加。誘導ミスによって262人が誤ったコースを走った

・最後を走っていた児童の後ろには係員が付いていたため、たった1人だけ正しいコースで走りきった

・他の児童は全員失格となり、笠岡市は唯一、完走した児童を優勝者として表彰することを決めた




この話題への反応



いやぁこれ失格になった子供らが可哀想だわ。

ビリの子が優勝したのか。。とんでもないどんでん返しだ

これ結果的に優勝となった子は嬉しいのかな?
あと主催者は失格にした小学生にちゃんと謝ったよね?


こういう童話ある

出走263人、完走1人の過酷なマラソン大会があったらしい

マンガみたいな、ウソみたいなホントの話。

ゴール通過順1~262位が失格で、最下位の児童がまさかの優勝とは…

いっつも思うけど誘導ミスの責任はどう取ってくれるの? 誘導ミスで選手が単に失格になるだけだったら誘導なんかいらないじゃん

流石にこれは切なすぎる
誘導ミスなんだし失格取り消してあげようや……


今回の事件で子供に教えるべきは"最後まで諦めないこと"か、それとも"きちんと確認しよう"か・・・・・








壮大なコント

体力ではなく社会の厳しさを教えるためのマラソンに・・・








けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (2)

KADOKAWA (2017-04-26)
売り上げランキング: 10