引用画像

次期iOSの登場で危惧される「32ビット版アプリ大量絶滅時代」の到来

2017年内にもリリースされるとみられる次期iOS「iOS 11」からは、旧来の32ビット環境で作られたアプリケーションが動作できなくなることが確実視されています。これによりiOSアプリの登場か

gigazine.net
全文を読む



記事によると
・2017年内にもリリースされるとみられる次期iOS「iOS 11」からは、旧来の32ビット環境で作られたアプリケーションが動作できなくなることが確実視されている

・アナリティクス企業のSensor Towerによるレポートでは、2016年9月現在、App Storeで公開されてアクティブ状態にある約210万アプリのうち、およそ51%にあたる約108万アプリは1年以上・2年未満の間アップデートされていない





この記事への反応


AppStoreの検索の絞り込み条件に「32bit版アプリを含む」ってなチェックボックスあれば良いんだけどね


何を今更いうんだろう。昔から繰り返してきた事ですよね。アプリケーションはそんな物。OSが変われば半分使い続けれれば御の字下手すりゃ全滅同然


なぜさほどリソースを食わないはずの32bitエミュレーターを載せない・・


放置されてるプロダクト結構あるからなぁ。半年でどうなるか。


時々癒しに起動してたラブプラスも終わりか


TweetATOKが使えなくなるの辛い


それは困る。古いiPad が重宝するときが来るかも







関連する記事

120

コメ

【悲報】iPhoneのスクショやシャッターの消音化が最新のアプデで利用不可に…

69

コメ

【注意】iPhoneで画像を開くだけで乗っ取られる可能性あり!今すぐ最新のiOSにアプデしよう!

95

コメ

【超朗報】次のiOSではスクショの音が無音にできるぞ!!【爆音からの卒業】

123

コメ

【神アプデ】『iOS10.2』でスクショ音の消去機能&カメラのシャッター音が大幅に小さく!!!














アプデ拒否する人も多そうだな







仁王 - PS4
仁王 - PS4
posted with amazlet at 17.02.18
コーエーテクモゲームス (2017-02-09)
売り上げランキング: 7