シェア
1350コメ カテゴリ:エンタメ タグ: 性の喜びおじさん ライター:

338 バルタン星人

おじさん(障害者と思わしき人物)に対し、圧力気味な注意に始まることも問題となるが、前述に沿って、対象に対する異常な嫌悪感をリーマンは抱いていることは、感情の昂りから個人を無許可撮影するという常軌を逸脱した行為へと移行したことで明確となる。結果的に、自発的に感情を抑制するタガが外れているために理性的ではなく、(社会的観点で)第三者へ恐怖を与えるレベルの人間となってしまっている。リーマン自身が既に倫理観に問題を抱えているといえる。

コメントを投稿する

エラーが発生しました。 30秒以内にコメントが投稿されました。
名前 8文字以内で入力してください。 URLの入力はできません。 名前に禁止ワードが含まれています。
本文 (必須) 500文字以内で入力してください。 本文を入力してください。 英数字のみの入力はできません。 URLの入力はできません。 本文に禁止ワードが含まれています。 改行が多すぎます。

※コメント番号の前に「>>」をつけると、そのコメントに返信できます(例:>>1)

投稿する

今日の人気記事

今週の人気記事

今月の人気記事