引用画像

彼女がゼルダにはまった

 同居中の彼女がSwitchのゼルダにはまった。子供時代にスーファミのRPGをやって以来らしい。最初は私がプレイしているのを見ているだけだった。…

anond.hatelabo.jp
全文を読む




彼女がゼルダにはまった

 同居中の彼女がSwitchのゼルダにはまった。

子供時代にスーファミのRPGをやって以来らしい。最初は私がプレイしているのを見ているだけだった。道を逸れてイノシシなどを狩っていると「早く話を進めろ」などと言う。寄り道が楽しいゲームなのに。少し喧嘩をした。その時は「一緒にアニメを見るのはいいけど、ゲームを見てるとイライラする」と言われた。

 なのに翌日「やってみたい」と言い出す。セーブデータは1つしか無いのだが、本体メニューで複数のプレイヤーを登録できるようだった。彼女のアカウントを登録する。アイコンは赤ピクミン。ちなみに私のアイコンは風のタクト版ゼルダ姫である。普段は全くゲームをしない彼女が遊んでくれるのが嬉しくて、最初の1時間くらいは最大限のホスピタリティでおもてなしをした。だいぶ疲れて、またちょっと喧嘩をした。

 さらに翌日、帰宅すると彼女がゼルダをしていた。Switchは片付けておいたのに、自分でケーブルを繋いだらしい。「寄り道確かに楽しい。私が悪かった」と言う。その楽しさを知ってしまったらもう落ちたも同然である。

 家にいる時間の何割か、彼女はコントローラを握っているようになった。少し前までは帰宅するとすぐにハグを求めてきたものだが、最近はテレビの前から動かない。多少の寂しさはあるものの、構わなくていい気楽さと「こっちの世界」を知ってくれる嬉しさが勝る。私もゲーマーだった時期が長いので、ずっとハイラルにいたい気持ちは十分に理解できる。私自身も深夜などにちまちまと進めているが、家にいる時間は彼女の方が長いので、そろそろ追い抜かれそうだ。

 今日も今日とて、帰宅を伝えるメッセに返信がない。「ゼルダ?」と聞いても既読すらつかない。帰宅すると、今日は馬をつかまえたいと抱負を語る。

 日付が変わる頃から定期的に「もうやめる」と口走る装置になっていた。私が風呂に入って出てきたところ、魔物に殺されて「死んだ、やめる」と呟きながらコントローラを放さない状態だったので、タイミングを見計らって本体のサスペンドボタンを押した(リセットや電源を押さずに済む、良い時代である)。「止めない方が良かった?」と聞くと「いや、自分ではやめられなかった」と言う。19時からやっていたらしい。6時間。なかなかのものだ。

 ダメ人間だなぁと思う。これまで家族的な存在が私よりゲーム時間が長いということはなかったので、初めて家庭内のゲーマーを客観視している。想像以上にダメな存在に見える。本人にそう伝えたら「ひどい」と言われたが、特に心は痛まない。ゲームをしていた人間は雑に扱われて当然の存在なのだ。これまで自分がその立場だったので大変に愉快な気持ちである。

 この日記を書いてたら「眠れない...」と言いながら起きてきた。6時間もやれば神経も高ぶるだろう。本でも読んだらと提案すると「実はスマホでプレイ動画を見ていた。すごい人はすごいうまい。プレイ動画の面白さがわかった」と言う。そうかそうかと返す。



反応


ええなぁこういうの

嫁もこの状態。近年のオープンワールドゲームはこの傾向が強い。普段はシレン(まだやるのかよ)やカルドセプトしてるけど、時々すごい物にはまって夕飯が無くなったり質素になる。僕が出張中に祠を大分埋めたらしい…

私もこんなにハマったのはいつ以来だろう。ゼルダほんと面白い。メインそっちのけであっちフラフラこっちフラフラするの本当に楽しい!!

スイッチとゼルダは用意できるので同棲してくれる彼女ください













同棲中の彼女がゼルダにハマることはあっても、
上の漫画みたいにスイッチとゼルダがきっかけで彼女ができることはなさそうだな・・・






ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
任天堂 (2017-03-03)
売り上げランキング: 2