記事によると

スーパーなどによる豆腐の買い叩きが問題となっている

・豆腐製造には精緻な職人技が要求される厳しい仕事だが、日持ちのしない商品で売り先が地域的にも限られる場合、どうしても買い手側の立場が強くなってしまうという

・豆腐製造業者、株式会社いづみやの青山隆氏は「スーパーで100円で売られている商品は、かつては82円で納入していたが、現在は60円以下で、我々の手取りは30円以下。運送費用や配送センターへの手数料など、負担も大きい」と話す

・1960年には5万1569件あった豆腐事業所だが、2015年には7525件まで減少。豆腐・油揚製造業の市場も減少している

・農産物流通コンサルタントの山本謙治氏は「20年ぐらい前は、安い豆腐を作るための大豆は一俵2000円ぐらいだった。それが今は5000円ぐらいになっている。豆腐の価格も2倍になってもおかしくないはずが、そのままにされている」指摘

・豆腐一丁の適正価格については「少なくとも160円以上で、基本的には200円以上あれば、豆腐業者の人も納得するのでは」と話す




農林水産省が発表したスーパーと製造業者間の取引を適正化するためのガイドライン

食品製造業・小売業の適正取引推進ガイドライン~豆腐・油揚製造業~

http://www.maff.go.jp/j/shokusan/kikaku/attach/pdf/tekiseitorihiki-3.pdf
1494758430583.jpg




この記事への反応


輸入大豆の2倍の値段は原価割れだと思う。

これね。本当に問題。大手スーパーから是正しないと。
豆腐製造機メーカーも悲鳴あげてるよ。


そういえば通勤ルートにあった小さな豆腐屋さんも潰れてたなぁ…こういう背景あったのね

これ悪循環になるなぁ。値上げすれば購買者が確実に減るだろうし・・・確かに適性価格ではなさそうだけどね。

もやしに続き豆腐まで…

景気が悪いから消費者は安いものを買わざるを得ない。消費者に一番非があるのではない。

豆腐、もやし、納豆と庶民の味方が相次ぐ危機だね、もっと食べないと。

以前、スーパーで売られていた安い豆腐の原材料を見ていたら、シリコーンオイルとか入ってた…
いくら食品添加物として認められているとはいえ、工業製品食うみたいでいい気分しないよね…


もやし同様、腹にたまらないものに高いお金は払えない。貧しいんです。すみません。

安い方が嬉しいが、業界が潰れてしまうなら適正価格で良いわ。












買い叩かれて業界が瀕死

安く売られてるのが当たり前だと思ってたけど、このままじゃアカン・・・



関連する記事

194

コメ

もやし、『限界』 原料高、円安なのに値段上がらず「健全な経営ができていない」

313

コメ

もやし業界「安売りされすぎてもう無理」 → 農家を救う画期的なアイディアを出すオタク現る これはイケる!!


ケーシー 付箋 メモ 豆腐一丁 絹ごし 小 TKS-1
ケーシー
売り上げランキング: 1,571