漫画家・佐藤秀峰さんがAmazonに、逸失利益約2億600万円の賠償を求めて東京地裁に提訴




こんにちは、佐藤漫画製作所の佐藤秀峰です。
「海猿」や「ブラックジャックによろしく」という漫画を描いていました。
現在は「特攻の島」と「Stand by me 描クえもん」を執筆中。
ピークを過ぎた漫画家です。

最近は紙の本が売れなくなってきたので、電子書籍の販売に力を入れています。
Web漫画雑誌を発行したり、出版社を介さずに電子書籍ストアと契約して著作を販売したり、電書バトというサービスを展開し、漫画家さんからお預かりした作品を電子書籍ストアで販売するお手伝い(=電子書籍取次)をしています。
いわゆる漫画家のイメージとはちょっと違う仕事もしています。
ここ数年、取次業務のボリュームが大きくなっており、漫画を描く時間がなかなか取れないのが悩みです。

さて、2017年1月16日、佐藤漫画製作所は通販大手アマゾン・サービシズ・インターナショナル(以下:アマゾン社)に対して、訴訟を提起しました。

アマゾン社が展開する「Kindle unlimited」という電子書籍定額読み放題サービスについて、ある日、同サービスに参加していた弊社および弊社取次コンテンツが、アマゾン社によって一方的に販売を停止されてしまったからです。

これは弊社に限られた事例ではなく、同時期、サービスに参加していた多くの出版社に同様の事態が発生しました。

電子書籍ユーザー=読者の立場から見れば、ある日、利用していた書店の本棚から大量の本がごっそり消えたことになります。
「毎月決まったお金を支払えば、ここに置いてある本は読み放題ですよ」と言われていたからこそ、お金を払ったのにです。

サービスの信頼性が著しく損なわれたことはもちろんですが、業界最大手であるアマゾン社が行なったこととして電子書籍全体のイメージが大きく悪化しました。

この出来事によって弊社を含め各作家、出版社が大きな損害を被ったことはもちろんですが、最も大きな損害を与えられたのは読者の皆さんです。
読者の信頼を回復するために自分にできることは何だろうか?
そう考えた時、僕は「訴訟」という選択をしました。

僕が営んでいるのは一漫画家が代表を務める小さな会社です。
アマゾンという巨人に簡単に勝てるとは思っていません。
だけど、彼らが何をどうのように考え、どうしてそのようなことをしたのかを裁判の過程で明らかにしていくことには、電子書籍の未来にとって公益性があると信じています。
アマゾン社が電子書籍ユーザーにとって信義に足る存在であるのか、電子書籍の未来の一端を担うに足る存在であるかどうかを問いたいと思います。


以下略



この記事への反応


「想定以上に読まれてしまった」のはAmazon側の企画ミスであって、それをパートナーに押し付けてリカバリしようとするのはどのビジネスにおいても許されるものじゃない。司法の良識をスピード感をもって示して欲しい。

Kindle Unlimitedのゴタゴタがついに法廷に。判例が確定するとアマゾン側としては厄介なので早期に示談を計ってくるんじゃないかなぁ。

寡占でやりたい放題になってそうだし、いろいろややこしい問題がありそう、泣き寝入りしてる人も多いんじゃないか。頑張って欲しい

Amazonで電子書籍を買うのを辞めますね。

Amazon依存というか、一社独占状態は危険だと思うので、ここで一矢報いて欲しい。例え勝てなくても、Amazonの企業体質が広く明らかになってほしい。

これ佐藤秀峰先生が活動してくれていてありがたいけれど、本来は出版社こそが動くべきことですからね

Amazonの法務は抜かりないし、原告代理人がどうなのか知らんけど集団訴訟にしたらどうなってたんだろう

これ勝ったら訴訟相次ぐだろうからキンドル潰れんじゃね?

氏の行動力には驚かされるが、個別にAmazonと契約していないのなら無理筋なんじゃないかな

Kindle unlimitedってそれほど漫画家からみるとおいしい売上があがってたんだね。訴えるほどに。





佐藤 秀峰(さとう しゅうほう、1973年12月8日 - )は、日本の漫画家。北海道中川郡池田町出身。東京都武蔵野市在住。札幌市立手稲宮丘小学校、札幌市立宮の丘中学校、北海道札幌西高等学校卒業、武蔵野美術大学造形学部映像学科中退。漫画家の佐藤智美は元妻。
左利き。幼少の頃から絵を描くのが好きになり、大学在学中より新井英樹の『宮本から君へ』の影響を受けて漫画家を志し、福本伸行、髙橋ツトムのアシスタントを経て1998年『週刊ヤングサンデー』(小学館)に掲載の『おめでとォ!』でデビュー。『海猿』や『ブラックジャックによろしく』など、綿密な取材に基づいた人間ドラマを描く。インタビューなどで「漫画やアニメを見るような趣味らしい趣味はない」と述べている。人物の顔面筋肉や皮膚の弛みなどを詳細に描いている。
2002年、『ブラックジャックによろしく』で第6回文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞受賞。










講談社もキンドルアンリミテッドの配信停止に抗議してるし、かなり問題になってるなぁ

Amazonの対応はどうなるか



アマゾン「キンドル アンリミテッド」サービスにおける
講談社作品の配信停止につきまして

http://www.kodansha.co.jp/upload/pr.kodansha.co.jp/files/pdf/20161003amazon.pdf
200x150.jpg





関連する記事

97

コメ

Amazonの本読み放題から人気の本が消滅!利用者多すぎて出版者に支払う資金パンクが原因か



Stand by me 描クえもん 1巻
佐藤漫画製作所/漫画onweb (2017-04-01)