引用画像

元Google役員が「iPhoneの方が写真撮影に向いているよ」と明快に爆弾発言、その真相は?

かつてGoogleで役員を務めていた人物が、Androidスマートフォンに搭載されているカメラはプラットフォームの制約上、カメラの性能に制限があり、ライバルであるiPhoneのカメラ性能に数年レベ

gigazine.net
全文を読む



記事によると

・2014年までGoogleのソーシャル部門で副社長を務めていたヴィック・ガンドトラ氏が、Androidスマートフォンに搭載されているカメラはiPhoneのカメラ性能に数年レベルで追いついていないと発言した

・ガンドトラ氏は、その理由としてAndroidは性能の良いカメラセンサーを搭載したとしてもAPIに反映させるのには年単位の時間がかかると説明

・一方のAppleにはその制約がなく、純粋にハードウェアの進化をそのまま品質の向上に反映できている、というのがガンドトラ氏の主張





この記事への反応


それはそうかもなー


今のスマホカメラはオーバースペック


やっぱりちゃんとハードとOS作り込んでる方が強いってことか



差は詰まってると思うけど、iPhoneが綺麗に撮れるのはよく分かりますね


写真撮るなら素直にカメラを()








関連する記事

626

コメ

スマホシェア、Androidが87.5%と圧勝すぎてヤバイ!日本だけ異次元wwwwww

186

コメ

【ヤバイ】Android端末にユーザー情報を中国に送信する隠し機能が発覚 →企業側の言い訳が酷いwwww

77

コメ

2017年、ついにAndroidアプリの売上げがiOSを上回る見込み!

163

コメ

ついにAndroidがWindowsを抜きOSシェア首位に!「MSがOS市場を主導してきた時代は終わった」

77

コメ

【朗報】Android、不評アプリをGoogle Playのランク降格処分へ














これはハードとソフトを手がけるアップルの強みですな