シェア
153コメ カテゴリ:ニュース タグ: ANA , 飛行機 ライター:

91 はちま名無しさん

>>10
あれの事故原因は以前尻もち着陸した機体が後部耐圧隔壁が亀裂が入る破損
メーカー修理が必要でボーイング社で
修理しかし、ボーイング社のミスにより
後部耐圧隔壁の亀裂を塞ぐパネルの留めるリベットが規定の方法で行われないまま修理完了。その後、運行を続けとうとう
あの日、後部耐圧隔壁が破れ気圧差で尾翼が吹っ飛び、尾翼と油圧ロス操縦不能のままエンジン出力調整だけで可能な限り機体を制御しながら最後は山の尾根に激突。
あれは尻もち着陸して機体を壊したパイロットとその後、ずさんな修理作業したボーイング社による原因の事故。

コメントを投稿する

エラーが発生しました。 30秒以内にコメントが投稿されました。
名前 8文字以内で入力してください。 URLの入力はできません。 名前に禁止ワードが含まれています。
本文 (必須) 500文字以内で入力してください。 本文を入力してください。 英数字のみの入力はできません。 URLの入力はできません。 本文に禁止ワードが含まれています。 改行が多すぎます。

※コメント番号の前に「>>」をつけると、そのコメントに返信できます(例:>>1)

投稿する

今日の人気記事

今週の人気記事

今月の人気記事