2017.9.11 10:10

【俺らが知ってるのと違う】31年目にしてついに「ビートたけしフライデー襲撃事件」の真相が語られる


フライデー襲撃事件について
フライデー襲撃事件(フライデーしゅうげきじけん)は、1986年(昭和61年)12月9日、お笑いタレントのビートたけしをはじめ、たけし軍団ら12名が写真週刊誌『フライデー』 (講談社)の編集部を襲撃した事件である。

『フライデー事件』、『ビートたけし事件』、『たけし襲撃事件』などとも呼ばれる。
1987年6月10日、たけしに懲役6か月、執行猶予2年の判決が下された(東京地方裁判所、確定)。当時たけしのレギュラー番組への出演については、執行猶予判決が確定するまでの約8か月間謹慎することとなった。なお、当時たけしと交際していたといわれた専門学校生の女性に対する傷害で告訴された記者は、1987年12月22日に罰金10万円の判決を受け、控訴をするも棄却されて判決が確定している。

事件概要

1986年12月8日、東京都渋谷区の路上で、ビートたけしこと北野武(以下「たけし」、当時39歳)と親密交際していた専門学校生の女性(当時21歳)に対し、『フライデー』の契約記者が、女性が通う学校の校門付近でたけしとの関係を聞こうと声をかけたが、それを女性が避けて立ち去ろうとしたため、記者が前方に立ちふさがってテープレコーダーを彼女の顔に突きつけ、手を掴んで引っ張るなどの行為に及び、頸部捻挫、腰部捻傷で全治2週間の怪我を負わせた。

これに怒ったたけしは、フライデーの発行元である講談社に電話をかけ、強引な取材に抗議した上、「今から行ってやろうか」と通告し、翌12月9日の午前3時過ぎ、たけしはその弟子集団であるたけし軍団のメンバー11人と共謀して、タクシー3台にそれぞれ4人ずつ分乗し東京都文京区音羽にある講談社本館のフライデー編集部に押し掛け、その結果、暴行傷害事件へ発展した。
田中康夫による裁判傍聴記においては、当初たけしは手を出さないよう軍団メンバーに言っておいたものの、当時の編集次長による「自分は空手が得意である」旨の発言をはじめとした、編集部員の挑発的言動が原因で暴行に至ったと記されている。

mig.jpg

(詳しくはWikipediaへ)



俺らが知ってる事件概要はこれ


41-264x300.jpg



実は全然違っていた


27時間テレビで話した内容によると

  • 当時たけしの周りをうろつく"フリーライター"がおり、そのフリーライターが「お金に困ってるので取材に協力してほしい。悪口は書きませんから」と神妙な面持ちで言ってきたので可哀そうだと思ったたけしが収録現場や楽屋に入れることを許可した。

  • それからすぐにフライデーで芸能人のスキャンダル報道がバンバンでてきた

  • 『あいつじゃねーか? スパイやってたのは』と例のフリーライターがすっぱ抜いてるのだと疑い、調べた結果本当にそのフリーライターがスパイをやってたことが分かった

  • 怒ったたけしが「フライデーにスパイやってたあの記者はいるか!!」と電話をかけるとフライデー側が「じゃあ来い!」と挑発。
    しかし行ってみると「実はあの記者はここにはいないんだ」と肩透かしをくらう

  • そして編集部員からの挑発もあり、結果的に喧嘩に至ってしまったという。


反応


ゴミは昔っからゴミだったと

編集を禁じちゃえばいいよね、全文を報道しないなら。報道の価値ないんだから

誠実な報道できないなら。報道の自由は規制しないといけないよね。

本当のことは当事者にしかわからないし、当事者の言うことをどこまで信じるかってところ。ただ現状を見るに「やっぱマスゴミか」って感じかな

今まで何十回と話してきた内容は真実じゃなかったって事?何故今になって

流れってあるし、状況は本人たちにしか分からんからなあ。

スクープ命の阿呆共だぞ。検証なんかしないし

生まれる前の話だから映像で見たけど、当時から90年代の記者ってなんか勢いあったよね。










今になって全然違う話が出てきた謎



Cik3oCAVAAQMSYH.jpg



真相はやぶの中・・・