記事によると

・Reduce GOとは
Reduce GOとは、飲食店が余してしまい廃棄してしまう食品(もちろん提供時は売り物なので、ちゃんと食べられる食品です)を、毎月定額で食べられるサービスです。使い方はとても簡単。アプリでお料理を探してご注文、あとは取りに行くだけです。現在、年内のリリースを目指して開発しております。

・なぜこのサービスをやろうと思ったのか
日本の「フードロス」を解消したい、と思ったのがきっかけです。
日本では「食品ロス」(売れ残りや期限切れ、食べ残りなど本来食べることができたはずのもの)が年間で642万トンもあります。これは、国連が食糧難に苦しむ国々に援助している総量(320万トン)のおよそ2倍もの量です。日本人一人当たりに換算すると、なんと毎日お茶碗一杯分もの食べ物を捨てている計算となります。

飲食店が廃棄する量はその内の一部ですが、もったいない精神で少しでも無駄を減らし、エコな日本を目指しています。

・どんなサービスなの?
月額1,980円で、手間いらず。
「Reduce GO」は、日々の食費をできる限り抑えたいユーザーと、食品廃棄ロスを少しでも減らしたいレストランや小売店をマッチングするサービスです。

・ユーザーはアプリに表示される現在地周辺の余剰食品一覧の中から食べたい料理を探し、タップして注文したら、あとはお店に受け取りにいくだけ。月額1,980円という定額で毎日2回まで注文することができ、注文のたびに料金を支払う必要もないため手間もかかりません。



この記事への反応


どの程度のお店がこのサービス使ってくれるかでだいぶ貰う側の登録する価値が違ってくるけど、お店側にはどんな手で宣伝してるのか……登録して蓋を開けたら飲食店の方が全然無いとかだったら悲しいからそっちの告知も頑張って頂きたいね〜??

良いですね!( *˙ω˙*)و グッ! 近くにあれば凄く助かる!







引用画像

コンビニの闇。店舗負担の「売れ残り弁当」はこう処理されている - まぐまぐニュース!

コンビニ業界に詳しいライターの日比谷新太さんが、業界の裏事情を徹底レポートする当シリーズ。前回のトクホ飲料に続き、今回取り上げるのは“売れ残ってしまったコンビニ弁当の行方”について。廃棄商品の処理の仕方を間違えてしまうと…

www.mag2.com
全文を読む





コンビニの廃棄なんかもこういうのに利用できるとええな