DMV2GvIUEAAU9aU.jpg
DMV2GvGV4AAwish.jpg



この記事への反応


本物の訴状などは、裁判所から書留のような配達の記録が残る特殊な郵便で来ますから、すぐに分かります。偽物は普通郵便やはがきやメールで来るので、簡単に見破れます。知らないと信じてしまいそうですね。迷ったら裁判所へ電話して事件番号を話して確認してもらいましょう。警察でもいいですね。

はがきでは、裁判所から正式な書類が来ることは無いということは覚えておくと良いでしょう。

中には、 「本物のの裁判所使った詐欺」 なんかもあるので無視もできない地雷だな。 こういうのは。

これとは関係なく訴える側の弁護士から”裁判所を通してない請求の書類”に関しては払う意思がなければはらわなくていい。  請求に関することは”裁判所を通じて原告と被告双方の弁論の末に額が決まる”ので、急ピッチで支払いをしなきゃいけないことはあり得ないと考えてもいい












心配性な人とかかかりそうだなぁこれ