2017.10.20 03:00

「任天堂は好きだけどこのハードは…」ニンテンドースイッチに否定的だった開発メーカー、スイッチ向けにゲームを作ることを発表


引用画像

inXile Entertainment Announces Nintendo Switch Development Approval

Despite previously shedding doubt on inXile Entertainment's development of a Nintendo Switch game, the studio founder announces they are "exploring ideas."

www.dualshockers.com
全文を読む

記事によると

・「ウェイストランド2」や「Torment: Tides of Numenera」「The Bard’s Tale IV.」などを開発してきたinXile Entertainmentの創業者であるBrian Fargo氏は、ツイッターでニンテンドースイッチのタイトル開発を承認したことを発表した。

・Fargo氏はUS Gamer’s RPGのポッドキャストで今年1月にインタビューを受けた際、Tormentのスイッチ移植について「ありえない。任天堂は好きだが、このマシンでは行かない。100万語のゲームを任天堂で遊ぶのを想像できるか?それは絶対に合わない」と話していた。
(Tormentは120万語以上のテキストを収録しているという長編RPG)

・ツイッターユーザーからの「スイッチのゲームは99万9999語になるのか」との質問には「ああそうだね、99万9999語で線を引くよ」と回答している













思ってたよりも売れてるから作ることにしたのかな

主にRPG作ってるメーカーだから、スイッチにもそういうのを出すんだろうか