引用画像

“すごく強そうな僧侶”が話題に | ニコニコニュース

米ソーシャルサイト・redditなどに投稿された“すごく強そうな僧侶”が話題を呼んでいる。これは先日、僧衣をまとい、ほうきを持って掃除をしている筋骨隆々の僧侶の写真が投稿されたもの。ほかに写る僧侶たちとの体格差がものすごく、いったい何者なのかと注目されることになった。実はこの僧侶、「ムエタイ最強王者...

news.nicovideo.jp
全文を読む

記事によると

・米ソーシャルサイト・redditなどに投稿された“すごく強そうな僧侶”が話題を呼んでいる。

・これは先日、僧衣をまとい、ほうきを持って掃除をしている筋骨隆々の僧侶の写真が投稿されたもの。ほかに写る僧侶たちとの体格差がものすごく、いったい何者なのかと注目されることになった。

・実はこの僧侶、「ムエタイ最強王者」「ザ・パーフェクト」と形容され、日本でもK-1などの大会で優勝を重ね人気選手だったブアカーオ・ポー プラムック選手。ブアカーオ選手が所属しているジムのSNSによると、タイのプミポン国王ことラーマ9世が昨年死去し、タイでは今国葬の儀式が行われているが、ブアカーオも国王への追悼のために短期ではあるが仏門へと入り、頭とまゆ毛を剃って修道院で生活をしているという。

・ネットでは「なんてことだ。彼は真のチャンプだったんだよ」「こんな強そうな僧侶は初めて見た」「もし道で会ったら逃げ出すと思う」「本当に偉大な王様だったのだなあ」「しかし、すごい身体だ」「次は映画俳優のオファーが来るかもね」といった様々なコメントが寄せられている。



この記事への反応


地上波で格闘技放送全盛のころよく見てたよ、本当に素晴らしい選手だ

強そうじゃ無くて、強すぎでしょ!

御葬儀も終わったことだし、暫くすると還俗するでしょう。

ベルトアクションのD&Dにこんな僧侶いたっけ()







ブアカーオ・ポー.プラムック(泰: บัวขาว ป. ประมุข、英: Buakaw Por.Pramuk、1982年5月8日 - )は、タイの男性キックボクサー。本名はソムバット・バンチャーメー(Sombat Banchamek)。スリン県出身。ポー.プラムックジム所属。現Kunlun Fightムエタイ世界ミドル級王者。K-1 WORLD MAX 2004・2006王者、S-cup 2010王者。リングネームのブアカーオとは、白蓮の意。ブアカーオ・バンチャーメーとも。

K-1 WORLD MAXにおいて圧倒的な強さで2度チャンピオンになったことに加え容姿端麗であるため、特に女性人気が非常に高い。にもかかわらず、2004年の魔裟斗戦における不可解な判定やそのトーナメントで優勝した直後のルール変更(首相撲からの膝蹴りの禁止)、果ては半ば追放とも取れる2010年開幕戦出場の選考漏れなど、主催者からは当初より不遇な扱いを受け続けている。その選考漏れの発表の際、谷川EPはブアカーオの-63kgへの参戦も示唆していたが、10月15日に行われたS-cupの会見でブアカーオのシュートボクシングへの初参戦が発表された。そのS-cupではトーナメントの最後の一枠に入り、初参戦初優勝を果たした。

maxresdefault.jpg





そら強ぇぇわw