2017.11.22 08:40

『スターウォーズBF2』の行き過ぎた課金要素で批判殺到中のEA、課金反対派のクリエイターを解雇していたと判明


うあわああああああああ




記事によると

・「Plants vs. Zombies」のクリエイターとして知られるGeorge Fanは、EAが続編にPay-to-winの課金コンテンツを導入しようとしたことに反対の姿勢を見せて解雇になったらしい。

・このことを話したのは「The Binding of Isaac」や「Super Meat Boy」の天才的なゲームクリエイターであり、Fanの友人でもあるEdmund McMillenだ。

・同氏はYouTubeに公開されているトーク番組Alex Larrabee's Roundtable Podcastにて、FanがPopCapにスカウトされて小さなチームで「Plants vs. Zombies」という極めて個人的な思い入れの強いゲームを開発したことを話した。

・EAが2011年にPopCapを買収した結果、「Plants vs Zombies」は同社のIPとなった。EAが続編「Plants vs. Zombies 2: It's About Time」にPay-to-winの課金要素を追加したいと提案すると、Fanは反対した。「彼は『あまり良いアイディアだとは思わないし、自分のゲームでそれはやりたくないですね』と言ったんだ。」

McMillenによると、Fanはこの発言の後にすぐに解雇を言い渡されたそうだ。その後、Fanは再びインディークリエイターとなり、今は「Octogeddon」というゲームを開発している。









引用画像

【悲報】『スターウォーズBF2』10点満点中0.8点という驚異の低評価をたたき出す 小数点て…:はちま起稿

【悲報】『スターウォーズBF2』10点満点中0.8点という驚異の低評価をたたき出す 小数点て…の記事詳細。国内最大のエンタメまとめメディアサイト。ゲーム情報、アニメや漫画、時事ネタなど、たくさんのネタを面白おかしく紹介します。

blog.esuteru.com
全文を読む







これはマズイですよ・・・