2017.12.13 22:50

カプコン辻本社長「任天堂の過去のゲーム機向けに展開できていないソフトをスイッチに移植していきたい」


引用画像

カプコン、ダウンロード販売拡大 海外も開拓

 関西上場企業の2017年4~9月期は7割の企業の最終損益が改善した。革新的な事業モデルや技術を武器に収益を拡大した企業は多い。稼ぐ力を示す売上高営業利益率が高く、改善度合いも大きい企業の代表格に秘訣

www.nikkei.com
全文を読む

記事によると

・カプコンの辻本春弘社長にインタビュー

(利益率を一段と高めるための戦略は?)
「ダウンロード販売をさらに増やす。北欧や東欧、アジアなどダウンロード販売の比率が高い地域で重点的に宣伝し、専門部隊も設ける。17年3月期に32%だった販売比率を3~5年後に50%に高めたい」

(ニンテンドースイッチ向けにはどんなソフトを開発していく?)
「テレビに接続する据え置き型でありながら、持ち出して遊べるゲーム機の特性をうまく捉えられた。外で複数人で遊びやすい格闘ゲーム『ストリートファイター』などは予想以上に好調だ」
「任天堂の過去のゲーム機向けに展開できていないソフトを移植することも考えている」










ストリートファイター5移植くる!?
あとは大神とか?