記事によると

ゴルゴンゾーラチーズについて農水省は、今後、イタリア産の特定のもの以外名前が使えなくなると発表した

・EUとの経済連携協定交渉に、互いのブランドの保護が盛りこまれているため

・日本産のものは協定発効7年後からゴルゴンゾーラと名乗れなくなる

・ゴルゴンゾーラ風などのあいまいな表現も使用できない



この記事への反応


よいと思う。北海道産カマンベールとか、あの辺りもちゃんとしてほしい。

これお好み焼きでやったら戦争になるな

初めて食った時、こんなん喰ってるイタリア人はどうかしてると思ったな。

ゴルゴンゾーラといえば無料着メロサイト

そもそも風っていう表現自体がおかしいよ。ハッキリして解りやすくなる。

ブランドイメージは大事。ブルーチーズでええよ。

わたしが子供の頃はゴルゴンゾーラはブルーチーズ、パルメザンは粉チーズと呼ばれていた

ゴルゴンゾーラ風もダメとなったら日本のソレはどんな名前になるんだろう

地名だものね。日本の製品がこの名前を使ったら産地偽装だということになるよ。

『グランディアⅡ』のゴルゴンゾーラの運命や如何に。






ゴルゴンゾーラ(伊:Gorgonzola)は、ロンバルディア州とピエモンテ州をまたがる地域で生産されているイタリアの代表的なチーズのひとつ。フランスのロックフォール、イギリスのスティルトンと共に世界三大ブルーチーズに挙げられている。1996年6月12日以来、統制原産地呼称(DOP)を取得している。

カード(英: curd)とアオカビを交互に重ねて作られたもので、内部には筋状のアオカビが走っており、特徴的な刺激臭がある。ミラノ近郊のゴルゴンゾーラが名前の由来だが、現在この地域では製造されていない。9世紀頃に、春から夏にかけて高地で放牧していた牛を秋に平野へ下ろす際、途中にあるこの村が休憩所となっていた。ここで疲れた牛から搾られた乳で作ったチーズが柔らかくておいしかったので、ストゥラッキーノ・ディ・ゴルゴンゾーラ(stracchino di Gorgonzola)と呼ばれるようになったのが始まりと言われている。今日では法律により生産地域が限定されている。









真のゴルゴンゾーラのみ名乗ることが許される