引用画像

若井おさむがガンダムのフィギュアを大量処分した結果…自殺を危惧される - ライブドアニュース

若井おさむが24日の番組でガンダムのフィギュアを処分したことを明かした。ワンルームに引っ越したが、部屋が狭いため8割を捨てたと語った。ある番組スタッフに「自殺とか大丈夫ですか」と心配されたという

news.livedoor.com
全文を読む

記事によると

・若井おさむが24日の番組でガンダムのフィギュアを処分したことを明かした

・ワンルームに引っ越したが、部屋が狭いため8割を捨てたと語った


・しかし、処分後にテレビ番組製作者から連絡があり、「フィギュアがいっぱいある自宅ロケに行きたい」と申し出があったという。若井が「捨ててしまった」と返答すると、そのスタッフは「身辺の整理をされて。自殺とか大丈夫ですか」と心配してくれたという。

・若井は「それはないんです」と強く否定。その理由として「僕は家に『自殺は絶対しない』と書いてはってる」と明かした。ほかに何をはっているのか聞かれると、「犯罪は絶対しない」と明かした。


 

過去にはこんなことも






若井 おさむ(わかい おさむ、1973年1月9日 - )は、日本のお笑い芸人である。

京都府京都市出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。京都府立山城高等学校卒業。NSC大阪24期生。元漫才コンビはちみつメロンのボケ役。2003年3月、ピン芸人としてデビュー。

お笑いの道を志すまで

20代前半の頃、幼い頃から続く母親と兄からの家庭内暴力による虐待に耐えかね、自宅を離れて居酒屋の経営[注 2]を始める。


数年の後、若井が生家を離れたことで虐待の対象が父親に飛び火し、父親は理不尽な暴力を受けていた。その状況を聞いた若井は父親に何度も離婚を勧めたが、父親は決断しかねていた。悩み続けた末、父親はついに離婚を決意したことを若井に報告に来たが、その夜に自殺してしまった。若井は堪えきれず、父の葬儀で「お父さん殺したんはお前や!」と母親を責めたが、母方の親族にも取り合ってもらえずに絶望したという。遺産のことで家族ともめたくなかった若井は、自ら父の遺産相続はすべて放棄する旨の念書を書いて母親に渡したが、皮肉なことに父親の出資で始めた居酒屋[注 3] は父親名義のままであったため、すべて母と兄側に渡ってしまった。


途方に暮れた若井は、死に場所を探すために東南アジアへ旅に出た。数ヶ月の後、たまたま知り合った日本人観光客から、「ダウンタウンの松本人志さんがドラマ(『伝説の教師』)をやっている」ということを聞かされる。ダウンタウンの大ファンであり書籍もすべて読んでいた若井は、笑い一辺倒だった松本がドラマをやるはずがないと驚愕し、自分の目で確認するため1週間ほど帰国。そしてたまたま見た回(第8回)が、自殺をするな、というメッセージ[注 4] の回であった。これを見た若井は号泣し、自殺を思いとどまった。そして今度は楽しい旅をするため、再び東南アジアを旅して回った。その途中、インド滞在中の若井の連絡先を突き止めた元彼女の誘いでバンコクの空港で落ち合い、帰国を促されて日本に戻った。その後、お笑いの道を志し、NSCへと進んだ[3]。

若井の両腕の上腕部にはタトゥーが彫られている。右腕には横書きで「036」(おさむ)と自身の名前が彫られており、左腕には縦書きで「LOVE PEACE」と彫られている。そのタトゥーを彫った時に掛かった費用は500円だった。これは、東南アジア放浪時にタイで「愛」と「平和」、そして「自分自身」が大切だという事を悟り、その想いを忘れないために彫ったものである。



引用画像

妻が娘のように見えて離婚。EDも告白したガンダム芸人・若井おさむの今 - エキサイトニュース

5月12日放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に、“ガンダム芸人”若井おさむ(43)が出演。EDや離婚について話した。若井は2008年7月に一般女性と結婚。同年8月に、『24時間テレビ』(日本...

www.excite.co.jp
全文を読む

若井は2008年7月に一般女性と結婚。同年8月に、『24時間テレビ』(日本テレビ系)の深夜帯で結婚式を生中継した。妻は「セイラさん」コスプレをしてテレビバラエティに出演することもあった。しかし14年9月に離婚。

その離婚理由について当時、「若井おさむが亭主関白すぎたせいではないか」と噂された。

今回の『アウト×デラックス』では、ケンコバ以外で“唯一”、若井のことを後輩として気にかけているという矢部浩之が彼を呼んだ。「俺は心の中で、こいつアウトやなってずっと思ってた」と切り出した矢部は、まず離婚理由について話すよう促した

若井は「合わなかった」と漠然とした理由で濁そうとしたが、マツコ・デラックスや山里亮太が「なんで?」「具体的に」と質すと、「(元妻は)すごい可愛いんです、めちゃくちゃ可愛いんです。すごい可愛くて、すごい良い子で、もう僕、妻が自分の娘にしか見えなくなってきて」

古くから若井を可愛がっている矢部は、まだ結婚する前の話を持ち出した。そのころ若井は「「すごく可愛い子に会っても、股間が機能しない」とEDであることを矢部に告白していたが、芸人仲間の開催した合コンで妻と出会い、ひとめ惚れ。妻に対しては「股間が反応した」のだという。その報告を受けた矢部は非常に喜び、「これはすごい、運命の子や、と思ったの」。結婚時、若井はマスコミ向けに「子供は3人ほしい。男の子2人、女の子1人。名前はカツ・レツ・キッカにする」とコメントしていた。

しかし結婚後、妻が娘に見えてきたことで、再び若井の股間は反応を見せなくなった。

今は離婚から1年以上経過したが、「親(=若井)のもとを離れて幸せになってもらいたい」という気持ちで、「だから毎日心配ですし」「罪悪感がすごくて、今でも考えるとウワアッてなってしまう」そうだ。

心を落ち着けるために、休日はガンプラを金色に塗り仏像を黙々と制作しているが、自分を優しく心配してくれるケンコバや矢部のためにも、「自殺は絶対にしない」と書いて冷蔵庫に貼っているのだという。



引用画像

若井おさむさんがTVから干された理由が判明!吉本興業がアニメネタ芸人をNGにしていた!!:はちま起稿

若井おさむさんがTVから干された理由が判明!吉本興業がアニメネタ芸人をNGにしていた!!の記事詳細。国内最大のエンタメまとめメディアサイト。ゲーム情報、アニメや漫画、時事ネタなど、たくさんのネタを面白おかしく紹介します。

blog.esuteru.com
全文を読む



この話題への反応



「僕は家に『自殺は絶対しない』と書いてはってる」 これ既にヤバイのでは。。

普通に置き場所に困ってきて本当にお気に入り以外を処分したのでは。年齢的にも

「書いてはってる」ってそれあかんやつやん……。「だから安心」じゃなく、「そこに向かう意識がある」のが問題なんやん……。

メンタルが弱い人なんだろうな

あらまー。これ、やばいやつやん











過去も現在もつらすぎるよこれ・・・
本当に心配です