2018.1.8 11:00

【悲報】新卒の初任給はまだまだ世界に大きく遅れをとっている・・・「40万円でも見劣りする」


大卒初任給40万円 世界標準で見ればまだチープ



引用画像

ファーウェイの大卒初任給40万円 世界標準で見ればまだチープ - ライブドアニュース

新卒の初任給はまだまだ世界に大きく遅れをとっていると大前研一氏が語った。ファーウェイの40万円もグローバルスタンダードから見ると見劣りするという。世界一流のIT企業やコンサルティング会社は年収1200万〜1500万円だと伝えた

news.livedoor.com
全文を読む

記事によると

・2017年の新卒の初任給は、院卒者が23万3400円、大卒が20万6100円だ。この金額はまだまだ世界に大きく遅れをとっているとみている

日本は給料がほぼ20年間にわたって下がり続け、初任給は平均20万円ほどのままである。これを反転させるのは非常に難しい。

・昨年秋に中国の通信機器大手ファーウェイが日本で大学卒のエンジニアを「初任給40万円」で募集して大きな話題になったことだ。この金額についてファーウェイ・ジャパンの広報は「欧米企業にやっと肩を並べたレベルで、珍しくはない。優秀な人を採るためのグローバルスタンダードです」とコメントしたという。

・ソニーやパナソニックなど日本企業の大学卒の初任給は21万円台にとどまっている。それに比べると、ファーウェイの給料は2倍近く高いわけだが、グローバルスタンダードから見れば「初任給40万円」も、まだまだチープだ

・世界の一流のIT企業やコンサルティング会社の初任給は年収1200万~1500万円である。人手不足が深刻化しているアメリカのシリコンバレーやサンフランシスコ・ベイエリアなどでは、中堅エンジニアは3000万~5000万円で他社に引き抜かれる。プロジェクトマネジメントもできる人材なら1億円前後、AI(人工知能)やディープラーニング(深層学習)などの研究者には10億円以上の値札が付くことも珍しくない

・だから優秀なエンジニアを引き抜かれないようにするために、給料がどんどん上がっていくのである。そうした“世界標準”に比べるとファーウェイの「初任給40万円」はいかにも見劣りする



この記事への反応


これじゃ流出していくはず。

確かに、、ですね。

日本がおかしい

日本経済はガタガタさ(笑)

即戦力にならなきゃすぐクビと聞いた。













やっぱり日本の初任給って低いだな・・・