2018.1.9 13:30

カヌー日本代表候補、ライバルの飲み物に禁止薬物を混入「2020年東京五輪出場が危うくなったと感じた」


ライバルの飲み物に禁止薬物



引用画像

ライバルの飲み物に禁止薬物 カヌー日本代表候補が混入:朝日新聞デジタル

 昨年9月に石川県小松市であったカヌー・スプリントの日本選手権で、カヤックシングル(1人乗り)に出場した男子選手(32)が、別の男子選手(25)の飲み物に禁止物質を入れ、レース後のドーピング検査で陽性…

www.asahi.com
全文を読む

記事によると

・カヌー・スプリントの日本選手権で、カヤックシングル(1人乗り)に出場した男子選手(32)が、別の男子選手(25)の飲み物に禁止物質を入れ、レース後のドーピング検査で陽性になっていたことがわかった。

・2人とも、昨年8月にチェコであったスプリント世界選手権の日本代表で、2020年東京五輪の日本代表入りを目指すトップ級選手だった。

・禁止薬物を混入した選手は、2020年東京五輪出場が危うくなったと感じライバルを陥れようとした、と説明している。

・禁止薬物は筋肉増強剤とも呼ばれるたんぱく同化ステロイドの一種。加害選手はインターネット通販で入手し、レース中に放置されていた被害選手の飲料水用ボトルに混入した

レース後に気づかずに飲んでドーピング検査で陽性になった被害選手は無実を主張。日本カヌー連盟が調べたところ、混入の疑いが浮上した。疑われた加害選手はすぐに認め、陽性になった選手に謝罪したという。8年の資格停止処分を決め、近く連盟が発表する。



この記事への反応


これ酷いよなあ。自分が飲んで記録を挙げようとする方向ではなく、相手を貶めようとしたのが気に入らん。

この際黙っとこうや。

日本人は卑劣でズルい。日本人には気を付ける以外手が無い。

8年の資格停止処分。選手生命の終わり。

言語道断‼️永久追放すべき。8年の資格停止では甘い??














これって犯罪にならんのか