引用画像

文書作成、ワードに統一=効率化で働き方改革-農水省:時事ドットコム

 農林水産省が文書作成ソフトをマイクロソフトの「ワード」に統一する方針を決め、1月から順次切り替えを進めている。

www.jiji.com
全文を読む

記事によると

・農林水産省が文書作成ソフトをマイクロソフトの「ワード」に統一する方針を決め、1月から順次切り替えを進めている。

・ジャストシステムの「一太郎」と併用してきたが、スマートフォンで閲覧しやすく、外出先でも仕事ができるため、業務の効率化と残業代削減が見込める。

・これまで農水省では一太郎の方が使用頻度が高かったが、省外で文書を確認しづらく残業が増えがちだった。幹部「全省庁の動きは把握していないが、それぞれワードに移行しつつあり、うちは遅いのではないか」

・また、一太郎の操作経験のない若手職員も増加。「若手からワードに統一してほしいと強い要望があった」という。



この話題への反応


一太郎が使いやすいのはわかるけれど、農水省ってこんなレベルなんだ。

今頃!?しかもそれが働き方改革!?笑える(笑)

なるほど一太郎ワード併用を止めたってことね。今まで2つ併用してた方がムダで驚くわ

こんなんで働き方改革とはちゃんちゃらおかしい。どれだけ遅れてるんだこの国は。

ワードは版により細かい書式が変更になる場合も。いっそ、草稿的なモノはテキストファイルまたはリッチテキストとしてやり取りし、最終的な提出、保存は電子証明書付pdfで統一とかの方が現実的では。

ワードより一太郎の方が文書作成機能に優れているので、かえって残業時間が増えるに違いありません。

いい取り組み。ただ、ふと思ったんだけど、セキュリティ対策としては、一太郎を使った方が正解なんだろうなあ…。数%の違いだろうけど。

ここにいたるのに働き方改革って言葉を使わないといけない感じ、色々変えるのって本当に大変なんだろうな。。。

Word に変えても、文章作成から紙面レイアウトのための作業が切り離せないからなんか工数がもったいない。

今が2018年ということをおわかり頂けるだろうか。










これで効率は上がる・・・のか?
ジャストシステムにとっては大きな痛手になりそうだ




一太郎2017 特別優待版
一太郎2017 特別優待版
posted with amazlet at 18.01.14
ジャストシステム (2017-02-03)
売り上げランキング: 94