「はれのひ」元従業員が語る



■前記事




引用画像

「はれのひ」の篠崎洋一郎社長 経営難でも高級タワーマンション - ライブドアニュース

「はれのひ」の篠崎洋一郎社長について週刊女性PRIMEが伝えている。横浜の高級タワーマンションに住み、高級外車を乗り回していたという。資金難にも関わらず、自分だけ「晴れの日」を満喫していたそう

news.livedoor.com
全文を読む

記事によると

・資金繰りに窮していた実態を、元従業員の高橋瑠衣子さん(仮名)が証言する。

高橋さん「'16年の年末ごろから給料が遅れるようになりました。その後は支払われても月に3万円とか、ゼロの月もあり、交通費も自腹でした。これ以上は無理と思い、昨年の秋に退職しました」

未払い賃金の総額は100万円を超えていたが、それでも働いていたのは「喜んでくださるお客様がいたから」、と高橋さんは振り返る。

高橋さん「今となっては信じられないかもしれませんが篠崎社長の教えは、“お客様を一番に”でした。社長は口がうまく、ビッグマウスというか、人によく思われようとしていた感じはありました」

・従業員への未払い賃金があるほどだから、当然、取引先への支払いも滞っている。その結果、複数の取引先から、取引中止を告げられていた

着物の卸し会社「'11年から振り袖を卸していましたが、1年半ほど前から営業上の取引は中止しています。支払いが滞るようになったからです。現在、未回収の費用は約1千万円あります」

・当初は支払いをしていたが、だんだん遅くなり、社長との電話連絡もままならなくなり、面談の約束もすっぽかされ、“月末には100万円振り込みます”と約束しても振り込まれない……というありさま。

前出・担当者「費用の回収はできませんので、私たちも泣き寝入りです。怒りはお金のことだけでなく、世間を騒がせて(着物業界の)信頼を裏切る行為をしたことが大きいです」

前出・高橋さん「いちばんの被害者は、騒動に巻き込まれたお客様です。社長には罪を償ってほしい」

・篠崎社長は資金繰りがうまくいっていないにもかかわらず横浜の高級タワーマンションに住み、高級外車を乗り回すなど自分だけの“晴れの日”を満喫していた。従業員や取引先も犠牲にしたその代償から逃れることはできない。



この記事への反応


こいつ本当クズだ。

早く捕まってくれ。頼むから。

自営業のクソ社長もまさにこんな感じ

前兆は沢山あったのに、被害者はそれを知る由もない。

悪質極まりない計画倒産















ホント、最低なヤツだな・・・