2018.1.24 01:30

ソフトバンクのペッパー君に親権問題勃発wwwwwwwwww





引用画像

「あの人は父親ではない」、ソフトバンクのPepper君に親権問題勃発

 ソフトバンクグループが開発・販売するヒト型ロボット「Pepper(ペッパー)」に親権問題が勃発した。同社は2018年1月23日に「報道における元ソフトバンクロボティクス社員のPepperとの関係性を示す表現に関するお願い」と題する文書を発表。一部報道で「ペッパーの父」などと表現されることがある外部の人物について、「父ではない」と反論した。

itpro.nikkeibp.co.jp
全文を読む

記事によると

・ソフトバンクグループが開発・販売するヒト型ロボット「Pepper(ペッパー)」に親権問題が勃発した。

・同社は2018年1月23日に「報道における元ソフトバンクロボティクス社員のPepperとの関係性を示す表現に関するお願い」と題する文書を発表。一部報道で「ペッパーの父」などと表現されることがある外部の人物について、「父ではない」と反論した。

・その人物とはソフトバンクグループ元社員で現在は家庭用ロボットを開発する「GROOVE X」の社長を務める林要氏だ。林氏はソフトバンクグループ在籍時にPepperの開発に携わり、2015年に退社している。

・ソフトバンクグループは林氏について、同社在籍中に「コンセプト作りやハード、ソフトの技術開発などいかなる点においても(Pepperの)主導的役割を果たしていない」と説明。「Pepperの父」「生みの親」「開発責任者」「開発リーダー」などの呼称は「明らかな誤り」と断言する。「Pepper事業のオーナーとして看過できない。ブランド戦略上、良くない」とも言う。

・ソフトバンクグループ広報に問い合わせると、「両社の担当部門が(水面下で)調整してきた。本人とも直接対話してきた」と回答。突然ではなく、再三にわたり要請していたものの結果が伴わなかったために発表したとの説明だった。

・ただ解せないのは、林氏自身が積極的に「Pepperの父」「生みの親」などと公言しているわけではなく、あくまでメディアが記事にしている点だ。


・しかも林氏がソフトバンクグループに在籍していた時にPepperについてメディアの取材に対応していたのは事実。正式な肩書ではないにせよ、ソフトバンクグループが林氏を開発リーダーなどと紹介することがあったのもこれまた事実だ。



この話題への反応



北の将軍様かいな。

なんかおもしろいことになってるな

ペッパー君、父親が誰だか議論があったのか…

ゲーム業界でも版権もつメーカーとプロデューサーでこんなんよくあるな

自己顕示欲に目覚めたの?何がしたいのか分からないな。

お金を出したり、ローダーに林氏に指示を出していたのは孫氏だからなぁ。
でもリーダーの座まで奪うとはどういうことだ?


歴史修正主義者だ!!

林氏が単なる管理職で直接関わってないなら孫正義も単に金出してただけの会長で、本当の父は別にいるはずだよね。

DNA鑑定でもしたらいーんじゃないか?w

独立した元開発チーフの存在を抹消したいわけか。ま、ペッパーの頭部を見れば孫との遺伝的関係は明白だからいいのでは。













ソフトバンクこれはちょっとかっこ悪い
しかも林氏が自分から言ってるわけじゃないんだ・・・











ファイナルファンタジーXV ロイヤルエディション
スクウェア・エニックス (2018-03-06)
売り上げランキング: 22