かっけぇ




記事によると

・16歳の女子高生スキーヤー、ジェイド・ハマイスターは「ポーラー・ハットトリック」という偉業を達成した。これは、南極点と北極点、グリーンランド氷床の3カ所をスキーで踏破するもので、16歳は史上最年少だという

2018y02m06d_062037760.jpg


・今年1月10日、37日間に及ぶ冒険の末、南極のアムンゼン・スコット基地にたどり着いたジェイド。セレモ二アル・ポールと呼ばれる南極点標識の隣で、誇らしげに国旗を掲げている。注目のポイントは、彼女が手に持っているサンドイッチだ。

・一体なぜサンドイッチなのだろうか。
彼女は写真のコメントで、その秘密を明かしている。
「ほら、あなたのためにサンドイッチを作りましたよ(ハム&チーズ入り)。37日間、600㎞の距離をスキーで旅して南極点まで来られるんだったら、どうぞ召し上がってください 」


・話は2年前にさかのぼる。2016年に14歳で北極点へとスキーで到達して最年少記録を打ち立てたジェイドは、その時の体験をオンラインで世界配信されているビデオ講演会「TED」でスピーチした。
その動画に「俺のためにサンドイッチを作ってよ」「何人の男に手伝ってもらったの?」など嘲笑するコメントを残した人がいたのだ。

そして、今回。彼女のユーモア溢れる「反撃」は、世界中の人たちの心を動かした。





この記事への反応


人間はオンナから作られているという譲れない事実をオトコは思い起こすべし。

言いだしっぺの野郎はちゃんと食べに行けよ?w まぁ、騒がしい外野なんて所詮口先だけの臆病者ばかりだしな。

クール過ぎィ!(南極点だけに)

素晴らしい! 賢い子だね。

私に言わせれば、「かぶき者」の心の極地。彼女は地球の極地にたどり着き、かぶき者の極地にも立った。見事。













これは気持ちいだろうなぁ