シェア
113コメ カテゴリ:エンタメ タグ: 気温 ライター:

あまりにもひでぇ





DVuIXO1U0AAbqkg.jpg


この記事への反応


ホテルフロント時代、部屋の温度がおかしいって何回苦情来たことか… こいつのせいで…

諸説ある時点で糞面倒なの草

諸説あってwikipediaの記述だけでもクッソ長い

すべての華氏の基準がこいつとか まるでベートーヴェンみたいなやつやな









ファーレンハイトがこの温度目盛を作った時の話には、いくつかの説がある。

ファーレンハイトは最初、彼が測ることのできた最も低い室外の温度を0度、彼自身の体温を100度としようとしたと述べている。彼は1708年か1709年の冬の大変寒い日に、ダンツィヒ郊外の彼の自宅において「0度」を計測した(これは−17.8 °Cである)。後に同じ温度を氷・塩化アンモニウム・水を混ぜることで実験室環境で作り出している。当時使われていたレーマー温度目盛では、日常的に使われる温度にマイナスの値が出てきてしまっていて不便であったので、彼はこれを避けたかった。彼の体温(彼は37.8 °Cと計測したが、正確には37 °Cであった)を「100度」と固定した。この元の目盛を12等分し、さらに8等分して96度の目盛を作った。これにより水の氷点が32度、沸点が212度になりその間が正確に180度に区切られることになる。

「0度」を同量の氷・塩の混合物(寒剤)によって得られる温度(この温度が人類が作り出せる最も低い温度であるとファーレンハイトが思っていたともいう)としたとしている。そして血液の温度を96度とした(彼が温度目盛を調整するときは馬の血液を使った)。当初は12等分しかしていなかったが、後にそれぞれを8等分して96度とした。彼はこの目盛によって純水が32度で凍り、212度で沸騰することを観測した(それまでは、物質が凍ったり沸騰したりする温度は一定であるとは思われていなかった)。

レーマー温度目盛で水が凍る温度が7.5度、沸騰する温度が60度であることから小数をなくしスケールを大きくするためにそれぞれを4倍して30と240にしたというものである。それから、水の氷点と人の体温(彼はこれを96度とした)の間が、64度となるように再調整した(2の6乗=64になるのが理由)。その結果、水の氷点は32度になった。

温度の基準となっているのは、氷枕の温度と、人間の体温と、羊の直腸温度である。人間の肌で感じる温度感覚を基準にすれば万人の目安となる温度の定義ができると彼は考えた。最初は氷枕を0度、人の体温を時計と同じように12等分して12度、羊の直腸温度を12. 5度として12等分した人の体温のさらに半分の温度までの精密な測定基準としてみるよう提案した。しかし、学術上は100に近い数字のほうがより精密な測定が可能であるので、これらを8倍して華氏温度に定めた。

人間の体温である96度は1から9までの整数のうち7と9以外で割り切ることができることから、計算に便利であること。もともとは96ではなく12であったが100に近い整数のほうが学術上便利であるから、12を8倍して96とした。華氏100度は風邪で発熱したときの人間の体温であるが、その温度は体温の高い動物と知られる羊の肛門の温度と同じ温度である。ヨーロッパの昔からの言い伝えで「人は、風邪をひくと羊さんになる」と言われている。これは、悪寒があると厚着をして羊のような外見になるし、発熱のため体温も上昇して羊の体温と一緒になるからである。華氏0度はファーレンハイトが風邪をひいたとき、彼の母親が氷枕を作ったその氷枕の温度である。








諸説ある時点でガバガバすぎんだろコレ・・・








ゆるキャン△ 1 [Blu-ray]
フリュー (2018-03-28)
売り上げランキング: 31

この記事の関連タグ: 気温

おすすめの関連記事

コメントを投稿する

エラーが発生しました。 30秒以内にコメントが投稿されました。
名前 8文字以内で入力してください。 URLの入力はできません。 名前に禁止ワードが含まれています。
本文 (必須) 500文字以内で入力してください。 本文を入力してください。 英数字のみの入力はできません。 URLの入力はできません。 本文に禁止ワードが含まれています。 改行が多すぎます。

※コメント番号の前に「>>」をつけると、そのコメントに返信できます(例:>>1)

投稿する

並び替え 古い順 新しい順

1 はちま名無しさん このコメントに返信

あたまおかしそう

2 はちま名無しさん このコメントに返信

華氏とかフィートとか外人適当すぎ

3 はちま名無しさん このコメントに返信

むしろ日本も華氏にして欲しいんだが
アメリカにいるとたまに間違えてしまう
日本はある意味アメリカの植民地だしこういうのはアメリカ基準で決めてもよかったのでは?

4 はちま名無しさん このコメントに返信

ち~ん(笑)の話はまともに聞くもんじゃないぞ

5 はちま名無しさん このコメントに返信

無能

6 はちま名無しさん このコメントに返信

華氏なんか無視しろ

7 はちま名無しさん このコメントに返信

こんなのを未だにつかってるアメ公って・・・
距離もメートル使えよな

8 はちま名無しさん このコメントに返信

日常生活に必要であろう温度でマイナスが出ないであろうという事だけは評価しても良いと思う。

9 はちま名無しさん このコメントに返信

1ポンド453gも何なの

10 はちま名無しさん このコメントに返信

華氏って誰?知らない

11 はちま名無しさん このコメントに返信

廃止したほうが良い

12 はちま名無しさん このコメントに返信

目盛付ける概念が凄かったんだろうが

13 はちま名無しさん このコメントに返信

アメさん海外に製品買ってもらいたかったら
華氏もヤード・ポンドもとっとと捨てなはれ

14 はちま名無しさん このコメントに返信

華氏やポンド、インチフィートマイル法を未だに使う時代錯誤な国なんてあるの?

15 はちま名無しさん このコメントに返信

96は5でも割れないだろ

16 はちま名無しさん このコメントに返信

華氏°……
わざとなのかガチなのか……

17 はちま名無しさん このコメントに返信

中国人かと思ってたわ

18 はちま名無しさん このコメントに返信

転載の転載の転載とかやってて恥ずかしくないのかこのサイト

19 はちま名無しさん このコメントに返信

まあ俺らだって尺貫法とか使ってるけどな

20 はちま名無しさん このコメントに返信

クッキー☆辞めてバイト君のなかでもばんの頭の悪さが飛び抜けてるな

21 はちま名無しさん このコメントに返信

バカはルールを作ってはならない

22 はちま名無しさん このコメントに返信

生活に根付いているんだよ
いつも0~100の範囲で外れたら異常事態

23 はちま名無しさん このコメントに返信

自分ルールじゃん、しかも幼年期ルール。

24 はちま名無しさん このコメントに返信

4℃
↑
腰かけて落ち込んでいる人いに見えない?

25 はちま名無しさん このコメントに返信

摂氏は任天堂

華氏はクソニー

はっきりわかんだね

26 はちま名無しさん このコメントに返信

華氏(ガブリエル氏)だったのか

27 はちま名無しさん このコメントに返信

先駆者が手探りで試行錯誤するのを責めてはいけない
問題があるのは他に代替があるにも関わらず
このガバガバ法をいつまでも使ってる社会だよ

28 はちま名無しさん このコメントに返信

クソ単位系廃止しろよいい加減

29 はちま名無しさん このコメントに返信

>>24
Cいらん。話題になったのは角度や。
4°

30 はちま名無しさん このコメントに返信

メートル法と摂氏が絶対正義。
ただ、旧暦の価値はもっと認められていい。

31 はちま名無しさん このコメントに返信

>>25
任天堂はケルビンだろ
数値的に多くみせたがる

32 はちま名無しさん このコメントに返信

ちなみに白人は体温が高いのでそこを指摘してるのは無知なのでやめような

33 はちま名無しさん このコメントに返信

欧州人の平熱はマジでこんなもんらしいぞ。寧ろアジア人が異常に体温低いの

34 はちま名無しさん このコメントに返信

は、華氏

35 はちま名無しさん このコメントに返信

100℉は37.8℃だろバカ

36 はちま名無しさん このコメントに返信

「ファーレンハイト氏の温度単位」だから、ファーレンハイト氏の体温を基準にするのはある意味正しい

37 はちま名無しさん このコメントに返信

始まりの話がグダグダだろうと、摂氏も華氏も機械的に図れてるので別にガバガバでもなんでもない
一定の基準として成立しないものならば温度計は作れない

38 はちま名無しさん このコメントに返信

>>3
まさかとは思うが摂氏は日本が作ったとか思ってないよな?

39 はちま名無しさん このコメントに返信

>>3
アベノセイダーズ、今こういう戦略なのね

40 はちま名無しさん このコメントに返信

尺とかフィートとかこれが本来の人間の感覚というか認識なんだよな
実は現代人は世界を認識しきれてない、とか

41 はちま名無しさん このコメントに返信

まとめTwitter転載したやつをまたまとめる無能

42 はちま名無しさん このコメントに返信

ヤーポンと一緒に廃止してまえ

43 はちま名無しさん このコメントに返信

日本も尺貫法今でも使ってるし(○坪の土地とか、○合の米とか)
社会にあって多くの人が分かってればいいのでは
今更食品のカロリーをジュールとか、血圧をパスカルで表されても困るし

44 はちま名無しさん このコメントに返信

センスの無いタイトルだと思ったらやはりばん
こいつツイッターから拾うだけだし存在価値無いよね
この無能早くクビにして次のバイトを雇え

45 はちま名無しさん このコメントに返信

水が沸騰した温度と凍る温度とかガバガバな設定した地域もあるらしいっすよ

46 はちま名無しさん このコメントに返信

未だに尺貫使ってる!日本こそクソ!!!とかいうけど、アメリカのそれとは本気で同じ扱いと思ってるなら頭疑うわ

47 はちま名無しさん このコメントに返信

いや、32 °Fと212 °Fはそこまで頓珍漢じゃないだろ・・・
摂氏だってガバガバなんだが。
絶対零度を基準にする蘭氏にすれば満足か?

48 はちま名無しさん このコメントに返信

>>46
尺貫法は廃止されてて、単位として基準を用いる必要がなくなっちゃったから、
用いる人によってバラバラな尺は、明らかにフィートと扱いが違う。

49 はちま名無しさん このコメントに返信

なんでてめえの体基準で考えるのか

50 はちま名無しさん このコメントに返信

摂氏
0度 水が氷る温度、100度 水が沸騰する温度
メートル法
1cc 1立方センチメートル、1g 1ccの摂氏4度の水の重さ、子午線の1000万分の1がメートルで、
メートルの100分の1がセンチメートル(センチが100分の一を表してる)で、その10分の1(メートルの1000分の一)がミリメートル(ミリは1000分の一を意味する)
これが基本で10進法で基本すべてが賄えるのに
ガロンだポンドだヤードだマイルだと10進法でも単位がめちゃくちゃになる測量やる奴らは
論理的な思考が出来ないと考えたほうが良い

51 はちま名無しさん このコメントに返信

>>45
wikipedia()みると一説にはこのファーレンハイトとかいうやつも、その水が沸騰した温度と凍る温度とかいうガバガバな設定をしたそうだな(数値が違うのは元にした温度目盛とその数値をキリが良くする都合とかで)

52 はちま名無しさん このコメントに返信

>>3
水の氷点(融点)、沸点を基準にした摂氏のほうが解りやすいのでいいです。

53 はちま名無しさん このコメントに返信

>>8
返って解りにくくないか? 摂氏は氷点以下がマイナス付くから非常に解りやすい。
氷点下なんて言葉もあるくらいだ。沸点にしても、三桁で水が気体に変わる。これ
以上解りやすい指標はないだろ。

54 はちま名無しさん このコメントに返信

水の沸騰する温度も気圧によって変わるけどな

55 はちま名無しさん このコメントに返信

摂氏なら、気温が0度を下回ると、氷は溶けない(と思えばいい)から今日は雪が溶けない
非常に分かりやすい

56 はちま名無しさん このコメントに返信

>>54
それだって100度という分かりやすい基準があるからそこからどれだけずれるかで把握できる

57 はちま名無しさん このコメントに返信

自分の体基準だと物のサイズをざっくり測ることができて便利だぞ
10進数じゃない時点でクソすぎだがww

58 はちま名無しさん このコメントに返信

>>3
日本には昔から多くの単位があり、そのどれもが国際基準であるメートル法、グラム、摂氏に既にとって変わった訳だ
言わばアメリカは日本で言うところの町や貫の単位を今でも使い続けてる古い国であると言う事

59 はちま名無しさん このコメントに返信

単位間違えて飛行機落ちたりしてるしなあ (燃料切れ)

60 はちま名無しさん このコメントに返信

>>43
もはや公式文章では使えないし、それを記した計量器(ものさし等)も販売できない
罰則規定のある犯罪になる
実際はただの目安
炊飯器も一合とはいわず1カップという

61 はちま名無しさん このコメントに返信

>>59
宇宙開発で失敗したりもしてる

62 はちま名無しさん このコメントに返信

38.7分って熱あるだろ

63 はちま名無しさん このコメントに返信

笑うほどの事か?
品性を疑うわ

64 はちま名無しさん このコメントに返信

1尺は30.3cm
これはひじから手までの長さでこれが基準になっている

65 はちま名無しさん このコメントに返信

まあ基準がない状況で 何か基準を設けるのって難しいわな
「今からコレを1cmにする!」とか言い出しても「『コレ』ってどれよw」という話にしかならんしな
「親指の根っこの太さが1インチね」とかにしとけば とりあえず広まりそうではあるな

66 はちま名無しさん このコメントに返信

>>56
その当時は水の沸点より体温の方が判りやすい単位だったとしても?

67 はちま名無しさん このコメントに返信

用紙の大きさのA0サイズは縦×横で1平方メートルになって
比率は3:4
B0サイズは1.5平方メートルになってる

68 はちま名無しさん このコメントに返信

パソコンとか自動車とか
微妙にインチの香りが残ってて趣深い

69 はちま名無しさん このコメントに返信

>>65
昔の単位なんてそんなもんで良いんだよね
ただそれより正確優秀な単位があっても旧単位を採用し続けてる国がおかしいだけ

70 はちま名無しさん このコメントに返信

いい加減、SI単位に統一しろよ。
くそ外人共。

71 はちま名無しさん このコメントに返信

体温を基準にするというのは人間中心主義的な考え方としてはありかもしれないが、個人で違うものだしなんか変な気がするな

72 はちま名無しさん このコメントに返信

重さの基準定めるとか超難しそうだな
そういや最近1kgの定義が見直されたとか

73 はちま名無しさん このコメントに返信

wiki丸コピで金稼ぎですか
いいサイトですね

74 はちま名無しさん このコメントに返信

人が感じることができる温度の限界点を見つけたかった。(なお検体は自分ひとりの模様)
ガバガバすぎた

75 はちま名無しさん このコメントに返信

だったらオマエが基準決めるならどうするのかって話よw

76 はちま名無しさん このコメントに返信

>>54
今の、0度の基準も厳密には水の融点じゃないけどね。
基本は、0Kを基準に決めているよ。

77 はちま名無しさん このコメントに返信

何で計測する対象がバラバラなんだよw
だからガバるんだよw

78 はちま名無しさん このコメントに返信

超厳密に考えだすと何一つ信じられる基準は無さそうで哲学的

79 はちま名無しさん このコメントに返信

文系バカの一神教徒が権限持つとこうなるという例だね

一人称視点しか持ってない上に、他人の話は聞かないし基本的に詐欺師だからこうなるんだよね。

80 はちま名無しさん このコメントに返信

>>3
当時のアメリカがごり押しで使い続けてるから二重基準になってしまってるんだよね。

結局は一神教的思考回路と力によるごり押しその恥ずかしい行動がそのまま今に繋がってる訳だ。
だから文系バカはダメなんだよ。混乱ばかり生み出しやがるし直ぐに迎合したがるw

81 はちま名無しさん このコメントに返信

華氏もそうだけど、アメリカは独自単位使いすぎ
その上で碌に数字を扱えないバカ大勢になってるから笑えない

82 はちま名無しさん このコメントに返信

黎明期の発足時はこんなもんだろうけど
それをありがたがっていつまでも残しておくのはアホだわ
ヤードポンド法とかもうアメリカとイギリスしか使ってないのに
影響力大きい国だから誰もそのマイナー法使うのやめろと言えないんだよな

83 はちま名無しさん このコメントに返信

キニ速のまとめスクショしたなこいつ

84 はちま名無しさん このコメントに返信

ファーレンハイト度にしてもポンドヤード法にしても
アメリカの変態単位に対する並々ならぬ情熱は糞やねん
さっさとセルシウス度とメートル法に移行しろよ

85 はちま名無しさん このコメントに返信

アメリカ人は未だに感覚的には天動説だからしょうがないよ

86 はちま名無しさん このコメントに返信

こんな面倒くさいことやってるからヤン提督に負けるんだよ

87 はちま名無しさん このコメントに返信

慣れれば分かりやすく思えるけどな

88 はちま名無しさん このコメントに返信

ファだから華だったのか

89 はちま名無しさん このコメントに返信

摂氏や華氏が考えられたころの欧州では
負の数の概念は一般的ではなかったので
温度に負数が出ないように摂氏も華氏も工夫していた
摂氏温度はすぐにそれを改めたが

90 はちま名無しさん このコメントに返信

基準と発祥は違う

けど、アフィブログとしては正しいw

91 はちま名無しさん このコメントに返信

確か日常生活のめやすに分かりやすいってメリットがあるらしいけど
輸出バイクの水温系のファーレンハイトははっきりいって分かりづらい
マイルはリッター14kmの車ならわかりやすいメリットがある

92 はちま名無しさん このコメントに返信

こんなクソみたいなの使ってるメリケンも頭悪いわ
さっさとメートル法で揃えろよ

93 はちま名無しさん このコメントに返信

海外も日本の平成昭和の年号やめろって思ってるよ

94 はちま名無しさん このコメントに返信

>>63
批判してるやつは頭の悪い馬鹿なんだよ

95 はちま名無しさん このコメントに返信

摂氏の氷点0度沸点100度ってものすごく解りやすい

96 はちま名無しさん このコメントに返信

Fとかポンドとかフィートとかオンスとか、さっさと国際単位に変えろ
アメ公、おまえらのことだ

97 はちま名無しさん このコメントに返信

華氏って熱量計算とかすげーめんどくさそうだな

98 はちま名無しさん このコメントに返信

転載の転載を転載して記事にするとかアホだろもう

99 はちま名無しさん このコメントに返信

摂氏から華氏の換算計算がまためんどくさい、電卓使ってもめんどい

100 はちま名無しさん このコメントに返信

なんjをまとめたひまそくのまとめをパクったツイッターをまとめるはちま

101 はちま名無しさん このコメントに返信

そもそも温度計が測ってるのは温度計の温度であって
対象物の温度ではない、本当の温度は誰にも分からない

102 はちま名無しさん このコメントに返信

>>3
お前がいるのアメリカ村だろ?

103 はちま名無しさん このコメントに返信

タイムボカン24

104 はちま名無しさん このコメントに返信

日本はもともとヨーロッパを手本にしてきたので
自然とヨーロッパ側のことが多くなるわな

明治維新の主目的、日本が先進国になろうとしたとき
参考にしたのはヨーロッパだし

昔から交易のあったアジア除けば
初めて交流を持ったのもヨーロッパ

105 はちま名無しさん このコメントに返信

℉の最低温度はこいつの家の最低気温とかいうクソ基準

106 はちま名無しさん このコメントに返信

温度にしろ、重さにしろ、水を基準にしとけばいいのよ。

107 はちま名無しさん このコメントに返信

インチフィートは12進法なところが救い難い
米英でも理系に進むと嫌でもSI単位系のメートルやグラムを覚えさせられるという
それ以外の国では存在しない苦労をしているそうな

108 はちま名無しさん このコメントに返信

K使えぼけ

109 はちま名無しさん このコメントに返信

一応摂氏は科学的な温度区分(標準気圧での水の沸点と凝固点を100当分)だけど華氏は人間が生活しうる温度帯に概ね100度以内で入るようにってコンセプトだから科学者じゃない一般人にとっては華氏の方が使いやすいように設計されてはいる

110 はちま名無しさん このコメントに返信

考えた奴とこれ使ってる奴とが
頭ガバガバ。

111 はちま名無しさん このコメントに返信

基準点なんか明確な不備がなければなんでもよくね
乱立してるのがめんどくさいんであって

112 はちま名無しさん このコメントに返信

基準を作るのは難しいもんだ
これに文句を付ける奴はどの温度を0度にしてどれくらいの温度を1度にすれば一番分かりやすいオリジナルの基準を作れるか理解してるんだろうなw

113 はちま名無しさん このコメントに返信

>>106
なんで水を基準にしたら優れた方法になると思うんだ?
使い慣れてるから分かりやすいだけでもっといい基準があるかも知れないんだぜ?

コメントを投稿する

エラーが発生しました。 30秒以内にコメントが投稿されました。
名前 8文字以内で入力してください。 URLの入力はできません。 名前に禁止ワードが含まれています。
本文 (必須) 500文字以内で入力してください。 本文を入力してください。 英数字のみの入力はできません。 URLの入力はできません。 本文に禁止ワードが含まれています。 改行が多すぎます。

※コメント番号の前に「>>」をつけると、そのコメントに返信できます(例:>>1)

投稿する

今日の人気記事

今週の人気記事

今月の人気記事