2018.2.12 23:00

【健康事業】任天堂・君島社長「睡眠計測機器は担当部門が顔色を変えて開発している。面白い、買いたいと思える商品ができた段階で世に出す」



記事によると

・任天堂の君島達己社長に戦略とキーワードを聞いた。

(昨年発売した家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」がヒットしている。)
「「期待を超えた勢い。2018年度の販売数量は17年度予想の1400万台は超えて2千万台以上にはしたい」

(「ニンテンドー3DS」事業の見通しは)
「携帯もできるスイッチの影響で3DSのビジネスは小さくなるとの指摘もあったが、そんなことはない。販売数は計画通り」

(新規事業として16年春に発売予定だった睡眠計測機器の開発状況は)
「面白い、買いたいと思える商品ができた段階で世に出す。担当部門が顔色を変えて開発している。楽しさの要素を入れて生活の質を向上させる新規事業を展開する方針は変えない」




任天堂の健康事業とは・・・

725

コメ

任天堂が睡眠計測デバイスを来年度投入!これが健康事業の正体か!

738

コメ

任天堂の睡眠計測デバイスはスマホやPCと連動!岩田社長「ゲーム機にこだわる必要はない」

137

コメ

任天堂、現在も健康事業を継続!QOLを楽しく向上させる新プロダクトを開発中



36l.jpg
37l.jpg
38l.jpg
39l.jpg
40l.jpg









なんか、結局世に出ないまま終わりそうな予感