2013.6.5 08:05

【負けるか、俺はホーリーナイト(犬)】安楽死させたはずの犬が12km離れた飼い主の元まで帰還






「安楽死」したはずの番犬が生き返った!?12キロ離れた飼い主の元に自力で帰還―中国河南省
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/348033/
115

中国河南省洛陽市で「安楽死」したはずのジャーマン・シェパード・ドッグが“生き返り”、12キロ離れた飼い主の元に自力で戻っていたことが分かった。大河網が伝えた。

(略)

4月28日、ジャンプをした時に足を骨折。職員が数人がかりで12キロ離れた動物病院に連れていき、治療をお願いした。

だが、5月2日になり、病院側から「足は治らないから、安楽死させた方がよい」との提案が。

(略)

ところが、昼頃になり、企業の守衛が「安楽死」したはずの壮壮が帰ってきているのを発見。驚いて動物病院に電話しても、「確かに注射をしたはず」との答え。だが、問い詰めていくうちに単に麻酔を打っただけだったことが判明。病院側は治療費を全額返還した。

(全文はソースにて)


















バンプの名曲「K」みたいだ・・・・死んだ(と思われた)のは犬のほうだけど


ある意味中国だったからこの奇跡起きたともいえそう


それにしてもよく帰ってこれたね。麻酔打っても普通痺れて動きづらいはず・・・そっちの方が凄い