2013.6.23 07:30

大手会社が採用選考に『麻雀大会』を開催!実はゲームが上手い人はビジネスにも向いてることが判明!ちょっとネトゲやってくる






大手通販会社が「マージャン大会」で採用選考をした理由
http://careerconnection.jp/biz/tyosahan/content_920.html
1371938123639

会社が求人を行うとき、応募してくるのは必ずしも自社が必要としている人材ばかりではない。新しいことに挑戦する人材を求めているのに、給料と休みばかり気にする人が応募してきたり、華やかな企業イメージに魅せられて応募してきた人が、実は地味で粘り強さが求められる仕事にガッカリすることもある。

通信販売サービスを運営しているある上場企業では、マーケティング調査に必要な知識や経験を持っている人材を求めていた。しかし応募してくるのは、サービスのイメージから「雑貨が大好き!」な女の子ばかり。大量の商品やデータを扱ったりする仕事に向いた人を採用することができなかったという。

そこで考えたのが、「マージャン大会で上位入賞した人」から選考するという採用方法だ。この採用方法をサポートしたのが、就活サイト「ミートボウル」を運営するカケハシ スカイソリューションズだ。

(略)

カケハシ スカイソリューションズ広報担当の池田園子さんは「マージャン採用」の有効性について、次のように説明する。

「やっぱりマージャンで強い人ってのは、努力してるんですよ。強くなりたいと思って雀荘の年配のベテランの方に、熱心に教えを請うたりしている。雀荘に入り浸る人なんて、よっぽどマージャンが好きなわけですからね」


(略)

しかし実際の仕事につけば、より重要なのは「数学的・論理的志向」だったり「戦略的思考」だったり、「負けず嫌いな性格」だったりする。そのような資質は、通常の面接よりも「麻雀大会」の方がより確認しやすいということなのである。

(略)

ゲームの能力が高い人はビジネスにも力を発揮する、という説は、「会社をつぶせ」の著者リサ・ボデル氏も唱えている。

複数の人間が同時参加できるオンラインのロール・プレイング・ゲーム(RPG)は、プレーヤー同士が共通の目標を達成するために力を合わせる必要がある。そういうことができる人材は、イノベーションを起こす仕事に向いているというのだ。

(全文はソースにて)




















確かにチームゲームは一人ができる仕事量を敢えて制限した調整がされてるからチーム全体の立ち回りが大事だしね



MMORPGの新コンテンツを積極的に主催してる人って主体性ありそうなイメージは確かにある











ファイナルファンタジーXIV:  新生エオルゼア 数量限定 予約特典コード 付ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア 数量限定 予約特典コード 付
Windows

スクウェア・エニックス 2013-08-27
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る

ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア 数量限定 予約特典コード 付ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア 数量限定 予約特典コード 付
PlayStation 3

スクウェア・エニックス 2013-08-27
売り上げランキング : 8

Amazonで詳しく見る