2014.2.20 15:00

故・飯野賢治氏が残した謎のゲーム『KAKEXUN (カケズン)』が本日19時にお披露目!クラウドファンディングも来月から開始





前回

【一周忌】2月20日に故・飯野賢治がのこした何かが発表されるらしい・・・



KAKEXUNメインページ
http://www.kakexun.asia/
1392875590540



日本のゲーム業界に革命をもたらしゲームクリエイターという呼称を世に知らしめ
数々のヒット作品を送り出した風雲児・飯野賢治。

音楽やデザイン、教育や宇宙論まで、数多のフィールドで培った経験を携え
ゲームの世界へ新たなる概念を持ち込もうとしていた矢先、
2013年02月20日、彼はこの世から突如として痕跡を消した。

***

しかし、飯野賢治が残した最後の企画書には
全く新しいゲーム、概念、タイトルが記されていた。

それが KAKEXUN (カケズン)。

そして今、彼の書き残したアイディアや概念を現実の形にすべく
かつての盟友たちが集い、賛同者を募りながら動き出し始める。



「KAKEXUN(カケズン)」プロジェクトは
2014年3月20日(木)より、
ここMotionGallery(モーションギャラリー)にて
クラウドファンディングを開始します。

はじめに

希代のクリエイター飯野賢治が提唱し、参加者限定で公開されるオンラインゲームプロジェクト「KAKEXUN(カケズン)」は計算によって創造される世界を描く、アクションアートSF 作品です。

KAKEXUN(カケズン)とは?


「KAKEXUN(カケズン)」は、飯野賢治の宇宙観と哲学を土台に構想された、一言で説明するのは難しいゲームです。その世界は可能な限り多様な解釈が求められます。ゲームの概要を理解し、その魅力を語り合ってくれるメンバー、ゲームはもちろん、制作のおもしろさ、苦しさをともに共有してくれるメンバーの皆様を、クラウドファンディングという形で、3 月20 日(木)より募集します。

プロジェクトの約束するもの


集まった資金を使い、株式会社フロムイエロートゥオレンジ(fyto)と株式会社 Warp2 は、大まかに出来上がっている世界設定と仕様をブラッシュアップし、飯野賢治が考えていた新しい概念を、現実の世界でユーザが遊べるゲームに形作ります。進行状況は常にこちらに報告されていきます。

特典は?


支援していただいた方は、その金額に応じて、進捗情報をだれよりも早く手に入れることや、手に入らない特別なグッズを手にすること、「KAKEXUN(カケズン)を誰よりもはやく体感できること、などさまざまな特典を手にすることができます。
プロジェクトの参加は500 円から100 万円まで、金額に応じた特典をお返し します。今後決定される特典の詳細も、こちらのページで随時お知らせしていきますので、ご期待ください。

目標金額は?


「KAKEXUN(カケズン)」プロジェクトが今回挑戦するのは、コンセプトファンディングと呼ばれる方式。この方式は、期限内(60 日間)に目標金額が集まらなかった場合、集まった資金は全額参加者に返金されることになっています。つまり、作品を制作することが出来ないAll or Nothing 方式となっています。
調達目標金額は1,500 万円です。

最高記録を目指す?


日本において、クラウドファンディングは名前は認知されてきたものの、まだまだ普及したといえる状況ではありません。
「KAKEXUN(カケズン)」が利用するクラウドファンディングのプラットフォーム、MotionGallery(モーションギャラリー)においての最高資金調達額は『ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの』の14,633,703 円。
KAKEXUN(カケズン)プロジェクトはこの記録よりも、さらに大きい額を調達することになります。つまり最高金額。はっきり言えば、非常に高いハードルです。

誰が制作するのか!?

このプロジェクトの制作を行う株式会社ワープ2は、飯野賢治の葬儀の後、元ワープでともにすべての作品を飯野とともに作ってきた主要メンバーが再度結集し、昨年10月会社登記しました。目的は飯野賢治のやり残した作品を作ること。

本作はその第1作で4人のスタッフが専従します。

また飯野賢治が生前最も評価していたクリエイターのひとり、飯田和敏が、外部よりディレクターとして参加、慶応大学大学院でコンピュータ・ミュージックの博士号を持つクリエイター、小林良穂も加入、プロデューサーは飯野賢治と18年の間親交があり、共にfytoを運営してきた江口勝敏が参加、その他スタッフ合わせ10名のチームが集中して関わることになります。

制作決定はこのクラウドファンディングの結果次第


それは、あなたの参加で決まります。
そしてこのプロジェクトを多くの人に伝えてください。

すでにゲームはスタートしました。
KAKEXUN(カケズン) = あなたが挑むチャンスです!
わたし達と一緒に、まだ見ぬゲームを作っていきましょう!

(全文はソースにて)












http://www.kakexun.asia/main.html

2014y02m20d_144947155













もう一周忌か・・・あっという間でしたな・・・

飯野氏の遺産、しかと目に焼き付けておこう