2014.3.26 02:30

【没落】日本のゲーム市場は世界シェア10%にまで低下…もはや日本はゲーム市場の中心地ではない







日本のゲーム市場、世界シェア10% “かつての創造性を失った”と指摘 復活の鍵はインディーズゲーム?
http://news.livedoor.com/article/detail/8665960/
1395752838694

一部抜粋
【日本のゲーム、過去と現在】
 ガーディアン紙によると、2002年には、日本は世界のゲーム市場の50%を占めていた。2010年になると、その比率は10%にまで低下した。PS4の国内での発売が、アメリカとヨーロッパより3ヶ月遅かったのも、もはや日本が世界のゲーム市場の中心地ではないことを物語っている、との見方を紹介している。

 ヴァージも同様の事実を伝える。PS2時代に最もヒットしたのは、『ファイナルファンタジー』『バイオハザード』といった日本製のゲームだった。しかし、現行ハードで世界的に大ヒットしているのは、『コール オブ デューティ』『Mass Effect』といった西洋メーカーのゲームであり、その多くは北米産だ。

【日本のお家芸没落の原因】
 このようになった原因について、両記事が共通して挙げているのが、日本と西洋でのゲームの好みの違いだ。日本ではファンタジー世界を舞台にした作品が好まれるが、日本以外では、現実に近い舞台設定で、戦争などを生々しく再現したものが好まれるようになってきている、という。

 また日本では、WiiやDSといった軽量級のゲーム機の人気は高かった一方で、PS3やXbox 360といった高機能モデルはそれほど人気が集まらなかった。そして日本のゲーム開発者も、これら高機能ハードへの習熟が遅れた、とヴァージは伝える。PS4の日本での発売を遅らせた理由について、SCEワールドワイド・スタジオの吉田修平会長は、日本のゲーム業界でPS4での開発態勢が整っていなかったためだ、と語ったことをガーディアン紙は伝えている。

 それ以外に、日本の経済状況もゲーム業界への逆風となった、と同紙は述べる。開発コストが上昇する一方、国内市場は縮小しているため、コストの回収が難しくなっている。そのため制作会社は保守的になり、かつてのような奔放なゲーム作りは鳴りを潜めている、とヴァージも指摘する。

(全文はソースにて)










2002年 テレビゲームソフト 年間売上 TOP500
http://homepage2.nifty.com/~NOV/t2002tsdx.html
ダウンロード









日本だと会社がゲーム制作にお金も時間もかけられないからなぁ

このまま日本のゲーム市場は安く作れるスマホゲームに流されていくんですかね・・・寂しい











関連記事

【/(^o^)\】国内スマホゲーム市場が家庭用ゲームソフト市場の2倍以上に拡大 もうこの流れは止められない

16





フリーダムウォーズ (初回限定特典 “奪還"追加コンテンツパック 同梱)フリーダムウォーズ (初回限定特典 “奪還"追加コンテンツパック 同梱)
PlayStation Vita

ソニー・コンピュータエンタテインメント 2014-06-26
売り上げランキング : 6

Amazonで詳しく見る

NEWラブプラス+NEWラブプラス+
Nintendo 3DS

コナミデジタルエンタテインメント 2014-03-27
売り上げランキング : 32

Amazonで詳しく見る by AZlink