2014.9.23 09:30

浦沢直樹氏の漫画『PLUTO』が舞台化決定! アトム役は森山未來さん







漫画『PLUTO』(プルートウ)について

『PLUTO』(プルートウ)は、手塚治虫の『鉄腕アトム』に含まれる「地上最大のロボット」の回を原作としている浦沢直樹の漫画。
監修・手塚眞、プロデューサー・長崎尚志、協力手塚プロダクション。『ビッグコミックオリジナル』にて2003年から2009年まで連載。単行本全8巻。

作品背景

作者の浦沢直樹が生まれて初めて漫画で感動した作品が、手塚治虫の『鉄腕アトム』のエピソードのひとつである「地上最大のロボット」であった。
熱烈な手塚ファンである浦沢はこのリメイクを切望し、2002年冬、手塚治虫の息子である手塚眞にその許諾を求める。
手塚は一度はこれを断るものの、その後の浦沢の熱心なラブコールに心を動かされ、2003年3月28日に「地上最大のロボット」のリメイクを了承する。
同年9月より『ビッグコミックオリジナル』にて連載がスタートした。

(詳しくはWikipediaへ)


浦沢直樹氏「PLUTO」初の舞台化!アトム役に森山未來
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/09/23/kiji/K20140923008977790.html
1411432070358

(記事によると)

漫画家・浦沢直樹氏が描く『PLUTO』が先に発表された初めて舞台化されることがわかった。
舞台版は「プルートゥ PLUTO」と題し、来年1月9日から東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンで上演。主役のアトムは森山未來(30)が務める。

アトムとともに事件解決に挑むゲジヒト役は寺脇康文(52)。「この舞台に参加することで、世界中に平和を思う強いエネルギーを見せたい」と意欲。
不思議な能力を持つウラン、ゲジヒトの妻ヘレナの2役で永作博美(43)が出演。このほか、アトムの生みの親の天馬博士を柄本明(65)、天才科学者のアブラーを松重豊(51)、お茶の水博士を吉見一豊(48)が演じる。



















4年前に映画化が発表されて音沙汰がないと思ったら舞台化の方が先に来た



84b8766e





森山さんがアトムって全然想像つかないなぁ















PLUTO (プルートウ) 全8巻完結セット (ビッグコミックス)PLUTO (プルートウ) 全8巻完結セット (ビッグコミックス)
浦沢 直樹

小学館

Amazonで詳しく見る

ご注文はうさぎですか?第5巻(トークイベントご招待・抽選申込券付き 初回限定版) [Blu-ray]ご注文はうさぎですか?第5巻(トークイベントご招待・抽選申込券付き 初回限定版) [Blu-ray]
佐倉綾音,水瀬いのり,種田梨沙,佐藤聡美,内田真礼,Koi,橋本裕行

NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン 2014-10-22
売り上げランキング : 152

Amazonで詳しく見る

ファイナルファンタジーエクスプローラーズ【数量限定】早期購入特典ゲーム内で使える「FINAL FANTASYIII オニオン装備」4点セット+ニンテンドー3DS版「FINAL FANTASY」が無料で遊べるダウンロード番号同梱ファイナルファンタジーエクスプローラーズ【数量限定】早期購入特典ゲーム内で使える「FINAL FANTASYIII オニオン装備」4点セット+ニンテンドー3DS版「FINAL FANTASY」が無料で遊べるダウンロード番号同梱
Nintendo 3DS

スクウェア・エニックス 2014-12-18
売り上げランキング : 7

Amazonで詳しく見る