2014.11.3 09:10

漫画で分かる在日特権 「外国人は年収1000万円あっても税金をタダにできる」






【外国人の扶養控除④】漫画でわかる、外国人の扶養控除の問題
http://samurai20.jp/2014/11/g-huyou-%EF%BD%8D/
1414972788168

(記事より)

皆様、こんばんは。
行橋市議会議員の小坪しんやです。

昨今では秋も終わりに近づいたと感じらせられる朝晩の冷え込み。
そろそろ衣替えの季節でしょうか。
秋の夜長と言えば、「拡散の秋」でございます。

お待ちかねの、「外国人の扶養控除」の続編になります。
国保・扶養控除・赤旗・朝日等、テーマが複数取り扱っておりますが、一躍有名にさせて頂いた「外国人の扶養控除」について、でございます。

コメント欄で「もっとわかりやすく」「もっと見やすく」と多々、ご指導を頂きましたので・・・
というわけではありませんが、今日は漫画で証明します。

見る方が見れば、わかるようにこれはプロの仕事です。
安価なソフトこそ用いておりますが、コマ一つとっても基本に忠実。
その道で食ってる方の「仕事」であります。
お金も労力もかかっております。
ゆえに著作権の使用権については許諾済み、リンク貼って頂ければお好きに使って頂いて構いません。
(ごちゃごちゃ言われた時にサポートするため、このブログにはリンクをお願いします。)



1
2-707x1024
3-707x1024
4-707x1024
5-707x1024
6-707x1024
7-707x1024
8-707x1024



<皆様へのお願い>
~イメージは元気玉
さて、皆様にお願いがございます。
ここに武器がございます、ネットの武器でございます。
私共、現場組がネットに提供できる、武器でございます。
一人一人が射手となり、この漫画を、本ブログを拡散してください。

秋の夜長は、そう、まさに拡散に秋でございますから。
「え?そうなの?」って思った方、、、それは正しい認識でございます。
書きながら私が今、勝手に思いついただけですもの。
まぁ、いいじゃないですか。

FBでの紹介なり、Twitterでのツイートなり、ブログ、まとめサイトなり。
各人、持ちうる手段、力を結集し、本問題を現実世界に撃ち込もう。


どうせやるなら勝ち戦がいい。
戦況を報告します。
証明は完了し、会計検査院が動いている。
国政へのトスも完了した、あとは「世論」がどう出るか。


FB個人アカウント 小坪慎也



行橋市議会議員小坪慎也さんについて

小坪 慎也(こつぼ しんや、1978年11月16日 - )は、日本の政治家、行橋市議会議員。

言論活動
2013年11月12日、木原みのる衆議院議員と共に、外国人の使用する国民健康保険と再入国手続きの問題点の指摘をチャンネル桜で行う。

2014y11m03d_085807688


(詳しくはWikipediaへ)




実際に自治体を圧迫している現状



永住外国人の受給世帯増加 自治体を圧迫
http://www.sankei.com/west/news/141030/wst1410300098-n1.html
1414973359166

(記事によると)

外国人の生活保護受給世帯は年々増加しており、地方自治体の財政を圧迫する一因ともなっている。

厚生労働省の最新調査(平成24年度)によると、生活保護の受給世帯総数は月平均155万8510世帯で、うち外国人世帯は4万855世帯と全体の約2・6%。総数が伸びる中、外国人世帯も10年前の約1・7倍に増加した。

 国籍別(23年7月時点)では、韓国・朝鮮人が約2万8700世帯と最も多く、フィリピン(約4900世帯)、中国(約4400世帯)、ブラジル(約1500世帯)と続く。

 外国人の受給世帯の増加が続く背景には、不景気が長引いたことや高齢化の影響があるとみられる。
















うちわとかSMバーの話するよりもすることあるよね・・・



世論が盛り上がらないとずっと無視されるので拡散しなきゃ・・・




「外国人は1/6の税金で暮らせる」も大変参考になります