2014.12.6 18:30

【中二病速報】伝説の宝剣・国宝『七支刀』の実物が公開されるぞおおおおおお






国宝「七支刀」九州初公開へ 福岡
http://www.sankei.com/region/news/141205/rgn1412050028-n1.html1417856480736


記事によると
・特別展「古代日本と百済の交流」が来年1月1日から、福岡県太宰府市の九州国立博物館で始まる

・奈良県の石上神宮に伝来する国宝「七支刀」が、九州では初めて期間限定で展示される

・実物は1月15日から2月15日までの限定公開で、ほかの期間はレプリカを展示する。






七支刀 - Wikipedia


七支刀(しちしとう)は、古代倭王家に仕えた豪族物部氏の武器庫であったとされる奈良県天理市の石上神宮に伝来した鉄剣。全長74.8cm。

概要
七支刀は、石上神宮に伝来した古代の鉄剣である。その由来は早くに忘れられ、神宮ではこれを「六叉の鉾(ろくさのほこ)」と呼び、神田にその年はじめて苗を植える儀式に神を降ろす祭具として用いていたという。1874年(明治7年)に石上神宮大宮司となった菅政友は、水戸藩出身で「大日本史」編纂に参加した経歴のある歴史研究者でもあった。大宮司としてこの社宝をつぶさに観察する機会を得た菅は、刀身に金象嵌銘文が施されていることを発見し、さらに剣の錆を落として、はじめてその銘文の解読を試みた。

以来その銘文の解釈・判読を巡って研究が続いている。

七支刀(しちしとう)の名は、鉾に似た主身の左右から三本ずつの枝刃を出して計て七本の刃を持つ形に由来すると考えられる。主身に金象嵌の文字が表裏計61字記されている[1]。鉄剣であるために錆による腐食がひどく、読み取れない字もある。

『日本書紀』には七枝刀(ななつさやのたち)との記述があり、4世紀頃、倭に対し百済が朝貢した際に献上されたものとされ、関連を指摘されている。刀身の両側から枝が3本ずつ互い違いに出ているため、実用的な武器としてではなく祭祀的な象徴として用いられたと考えられる。当時の中国との関係を記す現存の文字史料の一つであり、好太王碑とともに4世紀の倭に関する貴重な資料である。

1953年(昭和28年)、国宝に指定された。















はにわからドロップしてメカに装備させるアレ
 
本物が展示されてる期間に九州へ見に行きたいですなぁ













サガ2 秘宝伝説 GODDES OF DESTINY(ゴッデス オブ デスティニー)
スクウェア・エニックス (2009-09-17)
売り上げランキング: 1,401


機動戦士ガンダム THE ORIGIN I [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2015-04-24)
売り上げランキング: 1