2014.12.8 12:00

【選挙向け】国民の90%くらいが「最高裁裁判官の国民審査」を適当に出してるので審査対象の判事をまとめたよーー







最高裁裁判官の国民審査も告示
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG01H7G_S4A201C1MM0000/
(記事によると)

今回審査を受けるのは、2012年12月の前回衆院選後に任命された鬼丸かおる、木内道祥、池上政幸、山本庸幸、山崎敏充の5氏。

 審査は、辞めさせたいと思う裁判官に「×」印を書く方式で、有効投票の過半数が「×」だった裁判官は罷免される。

初めて国民審査が行われた1949年以降、過去22回の国民審査で延べ167人が審査されたが、罷免された例はない。






いきなり名前だけだされて
「辞めさせたい裁判官に×付けて」
と言われても意味わかりませんよね?

というわけで審査を受ける5名の裁判官をざっとまとめてみました




鬼丸かおる判事について

鬼丸 かおる(おにまる かおる、1949年2月7日 - )は、日本の最高裁判所判事(2013年2月6日 - )、弁護士。
東京大学法学部卒業

高橋久子、横尾和子、桜井龍子、岡部喜代子に続く史上5人目の女性の最高裁判所判事である。
彼女の就任により、2013年2月6日から現職の最高裁判所裁判官15名中3名が女性になり、史上初めて最高裁判所の全ての小法廷に女性の判事が各1名ずつ所属する体制になった。

検索サイトで調べてみると・・・


東京「君が代」最高裁判決で、「歌え」という命令に従わなかった場合に課す処分は慎重な衡量的配慮が求められるべきと判断した

(ネットでは「君が代なんか歌わなくてもいい」と乱暴な解釈をされているが、実際には「処分を下すときは『君が代問題』はナイーブな問題なので慎重にね」という話です。)

「生活保護法が保護の対象とする『国民』に外国人は含まれない」と初めて判断した一人

(詳しくはググってみよう)

木内道祥判事について

木内 道祥(きうち みちよし、1948年(昭和23年)1月2日 - )は、日本の最高裁判所裁判官(第三小法廷所属)。元弁護士(大阪弁護士会)。徳島県徳島市出身。
東京大学法学部卒業

倒産事件と家事事件のエキスパートとして弁護士活動を行った。
1995年の阪神大震災発生時は大阪に居住しており、想像を絶する被害に「弁護士は役に立たない」と感じたが、それでも震災発生直後から被災者の法的救済に奔走し、倒壊した借家の権利関係などの相談に応じるため、弁護士会の中心になって避難所に弁護士を派遣し、被災者の声をくみ取った。

検索サイトで調べてみると・・・


結婚していない男女間に生まれた子(婚外子)の遺産相続分を、法律上の夫婦の子の半分とする民法の規定が、憲法に違反するかどうかが争われた裁判で、「規定の合理的な根拠は失われており、法の下の平等を保障した憲法に違反する」という判断を下した一人
(鬼丸かおる裁判官もその一人)

婚外子は先祖の供養や家族の介護などの義務には縛られないが遺産は貰う権利があるということに


・朝鮮総連中央本部の土地・建物の競売をめぐり総連側が申し立てた許可抗告について、総連側が供託金1億円を納めることを条件に、一時的にマルナカへの売却許可決定の効力を停止する決定をした。


(参照:http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5659.html

(詳しくはググってみよう)

池上政幸判事について

池上 政幸(いけがみ まさゆき、1951年8月29日 - )は、埼玉県出身の検察官。最高検察庁刑事部長、次長検事、名古屋高等検察庁検事長を経て、大阪高等検察庁検事長。最高裁判所裁判官。
東北大学法学部卒業

2008年10月17日 最高検察庁検事
2009年1月16日 最高検察庁公判部長
2010年6月17日 最高検察庁刑事部長

2014年10月2日に最高裁判所判事に就任したばかりなのでほとんど情報がありません

(佐川急便事件暴力団ルートを担当したので修羅場はくぐってる?)

(詳しくはググってみよう)

山本庸幸判事について

山本 庸幸(やまもと つねゆき 1949年9月26日[1] - )は、日本の官僚、最高裁判所裁判官。元内閣法制局長官。
京都大学法学部卒業

第64代 内閣法制局長官

内閣法制局長官として
民主党政権は2010年から内閣法制局長官を国会審議で答弁できる政府特別補佐人から外し内閣官房長官らが代わりに答弁してきたが、「憲法など長い法令解釈の歴史を知る人として最もふさわしい」として2012年1月24日の第180回国会から長官による国会答弁の復活を決定。

最高裁判事就任会見での発言

「集団的自衛権の行使は、従来の憲法解釈では容認は難しい。実現するには憲法改正が適切だろうが、それは国民と国会の判断だ」と述べた。

(現憲法での実現は困難と判断)

この発言に対し内閣官房長官の菅義偉は、「最高裁判事が公の場で憲法改正の必要性まで言及したことについて、非常に違和感がある」と反発。

(詳しくはググってみよう)

山崎敏充判事について

山﨑 敏充(やまさき としみつ、1949年8月31日 - )は、日本の裁判官。千葉地方裁判所所長、最高裁判所事務総長、名古屋高等裁判所長官、東京高等裁判所長官を経て、2014年4月1日より最高裁判所判事。
東京大学卒業。

今年4月に就任したばかりなのでほとんど情報がありませんが・・・

検索サイトで調べてみると・・・


東京高裁時代に以下の功績をあげている
江東区役所は、行政代執行によって、竪川公園に勝手に住み着いていた野宿者たちの小屋を強制撤去し、排除した。

そのため抗議団体が江東区役所に押し掛け、石を投げて窓ガラスを割るなどした。

ReportsIMG_G20131204212402


高裁は地裁と同じく主犯(反原発活動家、「ヘイトスピーチに-反対する会」代表として有名)に「懲役1年、執行猶予3年」の判決を言い渡した

そのため関連団体から目の敵にされている


(参照:http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5659.html



(詳しくはググってみよう)















大体の人が「よくわかんないからとりあえず白紙で出す」っていう風にしてると思うのでまとめてみました



投票会場に行って今回審査される裁判官がどういう人か知りたくなったらこの記事開いてさくっと流し読みすればOK