2015.2.3 18:45

【フラゲ】3DS『ラングリッサー(仮題)』が発売決定!ラングリッサーシリーズ復活きたあああああああ!!







フラゲより

※画像なしによるフラゲ情報のため、一部情報が間違っている場合もあります

3DS「ラングリッサー(仮題)」
2015年夏発売予定


ラングリッサーシリーズが15年の時を経て復活!

陸地のほとんどが水に沈んだ世界で、聖剣ラングリッサーを手にした少年が生き別れの少女を救うために帝国軍と戦っていく。

これまでのシリーズでは西洋ファンタジーが描かれていたが、今作ではサイバーパンクな要素も加わっている。

戦闘は10vs10のユニットバトルで、デフォルメされた3Dキャラが所狭しと動きまわる

歩兵、騎兵、弓兵の三すくみ要素も健在。

キャラデザ:カイエダヒロシ
ビキニアーマーの女性もいます。










ラングリッサーシリーズ - Wikipedia

『ラングリッサー』 (Langrisser) は、1991年4月26日にメサイヤから発売されたメガドライブ用コンピュータゲームソフトである。シミュレーションRPGに分類される。

当初はメガドライブで発売、III以降は主なプラットフォームをセガサターンに移し、スーパーファミコンやプレイステーションなどにも移植される。開発は『I』、『II』がメサイヤ、『III』 - 『V』がキャリアソフト(実質的なメイン開発陣はほぼ同一)。『I』 - 『V』のイラストはうるし原智志が描く。
日本コンピュータシステム(メサイア)の旧作『エルスリード』『ガイアの紋章』(どちらもウォー・シミュレーションゲーム)の続編の様である(第1作のラスボスは復活したボーゼル)。なおこちらは光の王ジークハルトと闇の王ボーゼルの二名しか名有りキャラクターは存在せず、ストーリー性はほぼ無い。
シミュレーションRPGとしての完成度は高く、初めて本格的に「ユニット属性」を取り入れた戦略性の高いゲームであったが、故にゲームシステムも複雑なものとなった。数人の指揮官ユニット(レベルアップ可)に複数の傭兵ユニット(使い捨て)を配属し、指揮官にはその傭兵に対する指揮能力や指揮範囲のパラメータを持たせたという点が大きな特徴。シリーズ化以降、『ラングリッサーIII』でゲームシステムを大幅に変更しているが、「属性」による戦略は変わっていない。
「戦略性」だけでなく「色気」にも力が入っている作品であり、多くの女性指揮官が登場し、主人公とのラブロマンス・イベントも豊富である。また、女性キャラのコスチュームの露出度は、IIとVが最高潮。
裏技を使用するとスタッフのウィットに富んだギャグが見られる。 『ラングリッサーミレニアム』では開発陣・キャラクターデザインが変更された。










ラングリッサー復活!・・・あれ?うるし原先生はどうしたの?






関連記事

メサイヤゲームスが、家庭用新作ゲームタイトルを近日発表!!超兄貴かラングリッサー新作くる!?



メサイヤの新作はこれか









ラングリッサーIV&V FINAL EDITIONラングリッサーIV&V FINAL EDITION
PlayStation

日本コンピュータシステム
売り上げランキング : 19204

Amazonで詳しく見る


レジェンド・オブ・ラングリッサー―うるし原智志イラスト集 (Gakken Mook)レジェンド・オブ・ラングリッサー―うるし原智志イラスト集 (Gakken Mook)
うるし原 智志

学習研究社
売り上げランキング : 41294

Amazonで詳しく見る