2015.3.12 22:15

『ゴッドイーター2 レイジバースト』3月下旬にアップデート決定!!遺された神機のソート・再利用機能やアナザーNPCが開放!





無料アップデートver.1.10のご紹介
http://www.godeater.jp/blog/?p=3854
名称未設定 9


発売より3週間経ちましたが、ようやく無料アップデートに関する情報を
お届けできるところまで開発が進みましたので、内容の一部をご紹介したいと思います。


・『遺された神機』の並べ替えと、再利用機能の追加
スキルインストールを行う際、「必要な遺された神機を探しにくい」
「現在の手持ちの遺された神機を把握しにくい」といった利便性の改善のため
”遺された神機”リストの並べ替え(ソート)機能を追加しました。

入手順/スキル順/レベル順/レアリティ順/合成時補正順と複数の並べ替え項目で
並べ替えが可能となっております。

また、ミッションで入手し、使わずにストックしている遺された神機”を再利用し、
新たに遺された神機をひとつ合成する”スキルリビルド”という機能を追加しました。

使わずに溜めこんでいる遺された神機の処分を行うと同時に、
新たな遺された神機を入手できる、というリサイクル機能となっております。

スキルリビルドで入手できる遺された神機は、ミッションで入手する場合と同じくランダムで決定されますが、合成に使用する遺された神機の数やレア度、装備種によってある程度結果に関与できます。

「ミッションで目当ての遺された神機が出なかった!いらないのが溜まっていく一方だ!」
という方も、スキルリビルドを利用してもう1チャンス狙ってみてください。


・PS4版 無線ボイス再生オプションの追加
PS4版は無線ボイスの再生をコントローラースピーカーのみとさせていただいていましたが、オプション切り替えにてテレビ/モニターからの出力にも対応させていただきました。

これにより、ヘッドフォンを使用した際もオペレーターボイスをヘッドフォンから聞けるようになっております。


・ミッションの追加
機能追加のお話しから一転しまして、ミッションについてです。
シリーズ恒例となっていますが、GE2RBもアップデートに合わせてやり応えのある
”チャレンジミッション”を追加しております。

それに加えまして、今回のアップデートで「特務(DLC)」を3種類追加しています。

この特務(DLC)は、通常の特務と比べて出現頻度は落ちるのですが、
その代わりに「この特務(DLC)はパラメータ系のスキルが付いた遺された神機が出やすい」といった具合に”クリアで得られる遺された神機”の種類に傾向が設定されています。

「このスキルがインストールできれば完璧な装備構成になるんだけど、なかなか出ない・・・」というものがあったとき、条件に合致する特務(DLC)に挑戦すると、望みの遺された神機が手に入る可能性が高まります。

今回は、パラメータ系(HP/OP/STに関わるもの)、防御系、移動能力系の傾向を持った3種類のDLC特務となっています。


・一部のアナザーNPCを使用可能に
店舗別予約特典として登場したアナザーNPCの一部が今回のアップデートで解放されます。
解放されるアナザーキャラクターは下記になります。

シエル/ナナ/ギルバート/ハルオミ/エリナ/エミール/アリサ/ソーマ/コウタ


是非、開放されたアナザーNPC達を連れて、
また新しい楽しみを見つけていただければ幸いです。

この他にも、様々な調整、修正を行っておりますが、
まずは駆け込み第一報ということで一部をご紹介させていただきました。

アンケートフォームをはじめとした様々な機会でお寄せいただいている
感想、ご意見、ご要望、お叱りの言葉など日々拝読し、改善改良の糧とさせて
いただいておりますので、今後も皆様のお声を聞かせていただけますと幸いです。

こちらの無料アップデートVer.1.10の配信は3月下旬を予定しています。

具体的な日付はまだお伝えできないのですが、まずは配信決定を記念して開発者ニコニコ生放送の実施が決定したのでお知らせさせていただきます。
ニコニコ生放送では、アップデートの内容についてさらに細かくご紹介させていただければと思っていますので、よろしければご視聴下さい。
























ソート機能と無線ボイス再生オプションは最初から対応しといてほしかった












ゴッドイーター2 レイジバーストゴッドイーター2 レイジバースト
PlayStation Vita

バンダイナムコゲームス
売り上げランキング : 41

Amazonで詳しく見る

ゴッドイーターマガジン Vol.5 [雑誌]ゴッドイーターマガジン Vol.5 [雑誌]


KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 2015-03-19

Amazonで詳しく見る